メインメニュー
H29伊予農日記のカテゴリー
部活動

2017年4月27日(木曜日)

ゆかた 12

カテゴリー: - iyo13 @ 17時00分00秒

3年生 生活科学科「ファッション造形基礎」
今日は「左わきの耳ぐけ」を行いました。授業開始、全員で「よーいスタート」の合図とともに、一斉に耳ぐけをしていきました。時間を計ることで検定本番の緊張感を味わうことができました。検定時間の1/4を使う耳ぐけで、どれだけ手際よくできるかが勝負です。
                                 


2017年4月26日(水曜日)

119番通報を体験

カテゴリー: - iyo14 @ 17時30分00秒

今年1回目の火災による避難訓練が実施されました。雨天のため消火器の取り扱いができず、伊予消防署員の指導をいただき、119番通報を4名の生徒が体験しました。スクリーンの映像を見て、火災の場合か救急車の場合かを通報するのですが、火災の映像を見て救急車を呼んでしまった人もいて、あわてていると正確に情報を伝えることが難しいことを実感しました。また、火災の原因の1位が放火や放火の疑いであることに驚き、屋外に燃えやすいものを置かないようにしたいと思いました。
h290426-2.JPG h290426-1.JPG h290426-3.JPG h290426-4.JPG


食品化学科 実習服

カテゴリー: - iyo23 @ 17時15分00秒

本年度から食品化学科の実習服が新しくなりました。一番左の写真が「製造実習用」、残り3枚の写真が「イベント参加用」です。色は3色ありますが、生徒の意見を参考にして決める予定です。


H290426-sh050.JPG H290426-sh051.JPG H290426-sh052.JPG H290426-sh053.JPG


今が旬 〜その3〜

カテゴリー: - iyo23 @ 17時00分00秒

食品化学科1年生の「総合実習」で旬の「イチゴジャム」を製造しました。ゼリー化の要素は、「糖+有機酸+ペクチン」であること、ジャム瓶は「ラグキャップ瓶」という名前であること、果肉の形の残った状態のジャムをプレザーブスタイルジャムと呼ぶことなど、新しい発見の連続でした。できあがったイチゴジャムは自宅に持ち帰りみんなでおいしくいただきます。\(^o^)/

H290426-sh042.JPG H290426-sh043.JPG H290426-sh044.JPG H290426-sh045.JPG

H290426-sh046.JPG H290426-sh047.JPG H290426-sh048.JPG H290426-sh049.JPG


2017年4月25日(火曜日)

学校水田にスッポン

カテゴリー: - iyo14 @ 17時00分00秒

環境開発科3年生の「2020年東京五輪・パラリンピック選手村へ、愛媛県産米を届けるプロジェクト」では、育苗箱を準備しました。無印には「あきたこまち」を、白いペイントは「モチミノリ」を、赤いペイントは「媛育73号」を種まきする予定です。4号水田の草刈をしていると、10cmほどの稚亀が出てきました。よく見るとスッポンです。昨年は、どの水田にもスッポンがいました。佐賀県では、スクミリンゴガイの食害を減少させるため、スッポンを放流しているそうですが、学校水田のものは自然個体のものか養殖個体のものかは判別できません。
h290425-2.JPG h290425-3.JPG h290425-4.JPG h290425-1.JPG
 


2017年4月24日(月曜日)

今が旬 〜その2〜

カテゴリー: - iyo23 @ 17時30分00秒

食品化学科2年生の「食品製造」で、今が旬の甘夏を使った「マーマレードの製造」を行いました。果皮の細切をする班と、果肉の実取りをする班に分かれての実習です。
果皮の細切では内側の白い部分を包丁を使って除去しました。実取りではじょうのう膜を丁寧に取るのが難しかったです。最後にパルパーフィニッシャーで果汁を絞って今日の作業を終わりました。この後、果汁に砂糖やペクチンを加えて湯がいた果皮も加えて煮詰めればできあがりです。

H290424-sh034.JPG H290424-sh035.JPG H290424-sh036.JPG H290424-sh037.JPG

H290424-sh038.JPG H290424-sh039.JPG H290424-sh040.JPG H290424-sh041.JPG


2年生のガーデニング

カテゴリー: - iyo14 @ 17時15分00秒

環境開発科2年生のガーデニングの授業がありました。卒業生が残してくれた鑑賞菜園(ポタジェ)を改良して使うことにし、野菜苗の植え付けができるよう作庭に取りかかりました。また、私たちのために残してくれた野菜の中で、サヤエンドウが収穫期をむかえていましたので、収穫して持って帰ることにしました。心優しい先輩方に感謝です。
h290424-1.JPG h290424-2.JPG h290424-3.JPG h290424-4.JPG


ゆかた 11

カテゴリー: - iyo13 @ 17時00分00秒

3年生 生活科学科「ファッション造形基礎」
今日は「わきのしつけ」と「えり下の三つ折りぐけ」を行いました。
一度は右身ごろで行った作業を繰り返し行いますが、一つ一つの作業がとても難しい…。
検定に向けて完璧に覚えていくよう努力しています。
                                 


2017年4月23日(日曜日)

女子バスケットボール部6年連続県大会出場

カテゴリー: - iyo14 @ 17時00分00秒

4月22日(土)、23日(日)県総体バスケットボール競技中予地区予選がありました。1回戦○134−20新田青雲に勝利しましたが、代表決定戦で●56−67松山北に敗戦。4チームの県大会代表決定リーグにまわりました。○98−44松山西、○122−68北条、○68−60愛附と3勝し、リーグ1位通過で6年連続県総体出場が決定しました。ベンチに入った15人全員が出場し、1年生もさっそく公式戦に出て活躍しました。中学生のみなさん、伊予農でバスケットボールを楽しみませんか。生徒と年の近い経験豊富なコーチと先生が丁寧に指導してくれます。
h29042223-1_1.JPG h29042223-2_1.JPG h29042223-4.JPG h29042223-5.JPG 
h29042223-6.JPG h29042223-7.JPG h29042223-8.JPG h29042223-9.JPG


2017年4月21日(金曜日)

食品化学班 3年生 バイオカプセルをつくりました

カテゴリー: - iyo23 @ 18時00分00秒

「総合実習」の授業で、バイオカプセルを作りました。バイオカプセルとは、微生物等の生細胞をカプセル化したものです。

この原理は、生鮮食品をまねた、いわゆる「コピー食品」の製造等にも利用されており、人造イクラも基本的には同じです。

今回の実験では、三角フラスコ内で、アルコール発酵の様子を観察し、微生物の活動を感じる経験ができました。今後は、二酸化炭素や糖分の密度測定、蒸留によるエタノールの分離などの実験もしていきます。

H290421-sh030.JPG H290421-sh031.JPG H290421-sh032.JPG H290421-sh033.JPG


今が旬 〜その1〜

カテゴリー: - iyo23 @ 17時45分00秒

3年生食品化学科「総合実習」食品製造A班は今が旬の「蕗(フキ)の煮付け」を製造しました。製造方法は蕗(フキ)をまな板の上で塩を振りかけて板ずりした後、軽く茹でてスジを取り、5〜6僂棒擇辰督缶1佞納儿めば出来上がりです。
 梅干しの果肉も少し加えて、甘酸っぱくてほろ苦い美味しい煮付けが完成しました。\(^o^)/

                                                                                                

                                                                                                


食品化学班 3年生 甘酒の製造

カテゴリー: - iyo23 @ 17時30分00秒

3年生「総合実習」の授業で、米麹を利用して甘酒を製造しました。

今回製造したのは、「麹甘酒」で、アルコール発酵を経ないので、全くアルコールを含みません。おかゆを作り、その中に米麹を入れ、一定温度で一昼夜保温することで甘くなります。

「麹甘酒」は、糖、アミノ酸、ビタミンB群といった栄養素が含まれることから、日本古来の栄養ドリンクで「飲む点滴」と言われるほど、栄養価が高いです。

おいしく試飲できました!

H290419-sh017.JPG H290419-sh018.JPG H290419-sh019.JPG 

H290419-sh020.JPG H290419-sh021.JPG


4号水田に客土

カテゴリー: - iyo14 @ 17時15分00秒

環境開発科環境類型の「総合実習」で、4号水田に客土(きゃくど)をしました。学校水田にはスクミリンゴガイが多数生息しています。高低差が1cmを超えると低い所にスクミリンゴガイが集まって若いイネ苗を食害し、収量を著しく低下させます。そこで、水田の作土(さくど)を低い所に入れて均しました。なお、昨日、環境開発科が申請した「エコえひめ農産物」の審査会が愛媛県庁であり、無事認証されました。
h290421-11.JPG h290421-13.JPG h290421-12.JPG h290421-00.jpg


早生(わせ)タマネギを収穫

カテゴリー: - iyo14 @ 17時00分00秒

今年度初めての環境開発科3年生の「ガーデニング」がありました。ちょうどこの日は、歯科検診と重なり、大忙し。2月3日にジャガイモの芽をポリポットに挿していた、男爵、メークイン、ピルカ、シャドウクイーンを定植しました。ハウス内で栽培しているとジャガイモの草丈が大きくならないことに気づきました。また、鑑賞菜園にある早生タマネギを収穫しました。ソラマメにの株元に植えていたタマネギの太りが良いことにも気づきました。「コンパニオン・プランツ」の効果かな、と思いました。
h290421-1.JPG h290421-2.JPG h290421-3.JPG h290421-4.JPG


2017年4月20日(木曜日)

食品化学科「課題研究」

カテゴリー: - iyo23 @ 17時15分00秒

食品化学科3年生の「課題研究」が本格的に始まりました。食品製造A班では、「季節の食材を使った料理」や「豆を使った新商品の開発」など、5つ班に分かれ研究が行なわれています。
膨らみのないせんべいのようなケーキやドロドロの固まらない豆腐など失敗作ばかりでしたが、どの班も意欲的に取り組むことができました。

                                                                                                

                                                                                                

 


ゆかた 10

カテゴリー: - iyo13 @ 17時00分00秒

3年生 生活科学科「ファッション造形基礎」
今日の1・2時間目は「わきの耳ぐけ」を行いました。2m以上もある長さを手縫いしていきます。
耳ぐけの技術はとても上達しています。しかし、検定は時間との闘いです。各自が効率の良い方法を考えながら、工夫して縫い進めています。
18名全員が真剣にゆかたに向き合っています!
                                 


2017年4月19日(水曜日)

池永さん宅を訪問しました

カテゴリー: - hp-admin3 @ 17時15分00秒

生物工学科草花班が、ノギクの絶滅危惧種保全活動の一環で、ノギクの会の池永さん宅を訪問し、ノギクの挿し木の仕方を学びました。
池永さんは、挿し木の仕方、管理の仕方について熱心に教えてくださり、ソナレギクもプレゼントしてくださいました。今後もノギクの輪を広げていきたいと思います。
h29seikou4191.JPG h29seikou4192.JPG h29seikou4193.JPG


初めての「総合実習」

カテゴリー: - iyo23 @ 17時00分00秒

食品化学科1年生の「総合実習」が始まりました。今日はオリエンテーションで、実験・実習内容や場所の確認を行なうとともに、リニュ−アルした実習服(写真:左が旧実習服、右が新実習服)の更衣練習も行ないました。
早速来週から食のスペシャリストを目指した実習が始まります。

                                                                                                


2017年4月18日(火曜日)

ムクナ豆 商品開発プロジェクト

カテゴリー: - iyo23 @ 17時45分00秒

食品化学科3年生、食品製造A班では「ムクナ豆 商品開発プロジェクト」に取り組んでいます。昨年の夏よりムクナ豆に関する情報を収集するとともに、年末に東京で行なわれた「ムクナ会」に参加、2月の「まつやま食育フェスタ」ではムクナ豆の粉末を利用した「ムクナボーロ」の試食会を実施しました。
本年度は栽培試験を行ない、栽培特性や収量調査を調べるとともに、ムクナ豆を利用した新たな加工食品を試作したいと考えています(写真は一丁地草花ハウスで順調に育っているムクナ豆と圃場に設置予定の立て看板作りの様子)。

                                                                                                


有望カンキツの補植をしました

カテゴリー: - iyo15 @ 17時30分00秒

園芸流通科の「総合実習」において、果樹専攻生2年13名は愛媛果試第28号(紅まどんな)の補植を行いました。本校果樹園には、「紅まどんな」専用ハウスはありませんが、露地栽培で約20本程度すでに栽培しています。「紅まどんな」以外に、「甘平」「せとか」「はるみ」など秋の収穫が楽しみです。今日は、食品化学科の製造実習で使用する「夏ミカン」も収穫しました。
h29 kaju madonnna1.JPG OLYMPUS DIGITAL CAMERA          OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 h29 kaju madonnna5.JPG h29 kaju madonnna6.JPG


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project    Theme designed by OCEAN-NET
copyright © 2009 伊予農業高等学校