メインメニュー
H29伊予農日記のカテゴリー
部活動

2017年5月19日(金曜日)

フラワー技能士3級講習会

中間考査の最終日、13時からフラワー技能士3級を目指した第1回目の実技講習会を外部講師の先生を迎えて実施しました。12名講習会に参加していますが、3級は9名(生活科学科3年生6名、2年生2名、園芸流通科3年生1名)が受検します。全員の合格を目指して、これから10回開催する予定です。

                                                                


2017年5月13日(土曜日)

測量部、鳥類調査に参加

カテゴリー: - iyo14 @ 17時15分00秒

測量部で環境開発科3年生3人、2年生8人が日本野鳥の会愛媛の重信川河口鳥類調査に参加し、鳥類撮影にも挑戦しました。この日はアジサシやコアジサシが魚を捕らえようと水中にダイブするダイナミックなシーンや、チュウシャクシギが波打ち際に42羽の群れでいる場面、カニを捕らえて食べる行動を見ることができました。鳥類撮影はなかなか焦点があわず、うまく撮影できませんでしたが、次回はもっとうまく撮影したいと思います。河畔林ではシャリンバイやトベラ、センダンなどの花木が花を付けていました。残念なのは、堤防の法面(のりめん)にはナヨクサフジやマンテマ、コバンソウ、ムシトリナデシコ、オオキンケイギク(特定外来生物)など多くの外来種が見られることです。在来種のカワラナデシコなどが生存競争に負けてなくなりはしないか心配です。
h290513-14.JPG h290513-13.JPG h290513-12.JPG h290513-11.JPG


160回目の愛媛ふれあいの海辺

カテゴリー: - iyo14 @ 17時00分00秒

測量部が中心となって行っている「愛媛ふれあいの海辺」が伊予郡松前町塩屋海岸で行われました。この日は、新しく顧問となられた大野先生をはじめ、環境開発科1年生5人、2年生8人、3年生10人、ボランティア情報を見て来られた方4人の27人で、海岸と重信川河口左岸の河畔林を清掃しました。前日にも、1年生6人、2年生9人、3年生8人の23人が活動しています。2日間で回収したゴミは、可燃物177.8kg(59袋)、漂着物35.5kg(8袋)、不燃物17.5kg(4袋)、プラスチック17.3kg(8袋)、缶・ビン15.1kg(8袋)の263.2kg(87袋)でした。海岸には、きれいなハマヒルガオとハマボウフウが咲いていました。
h290513-1.JPG h290513-2.JPG h290513-3.JPG h290513-4.JPG


2017年4月29日(土曜日)

自然科学部谷上山登山

カテゴリー: - iyo18 @ 17時15分00秒

自然科学部員19名がえひめ森林公園、谷上山展望台、山頂(標高456m)へ徒歩で春の自然観察、蜜源植物調査に参加しました。午前中は、曇天で風が強く、レンゲやフジの花に蜜蜂はいませんでしたが、午後には晴天で穏やかになり2種類の蜜蜂を観察できました。昼食をとった展望台では、9分咲のヒラドツツジの中で、クマバチがホバリングをしていて急に仲間の蜂を追いかけまた元に戻る動作を繰り返す様子を観察できました。山頂からの下山は、日山先生の案内で今までとは異なる下山ルートを降りました。足が痛く苦しくもありましたが、部員の親睦を深めることもでき、充実したものとなりました。今回も保護者の援助をいただけたことに感謝しています。

h29toku291.jpg h29toku292.jpg h29toku293.jpg 
h28toku294_3.jpg h29toku295.jpg


2017年4月28日(金曜日)

茶道部の活動

カテゴリー: - iyo12 @ 17時30分00秒

 放課後、中庭の藤棚の下でお茶を点てました。きれいな藤の花の下で、一服差し上げ、先生方や生徒の皆さんに喜んでいただきました。

29sadou-2 (1).JPG 29sadou-2 (2).JPG 29sadou-3.JPG


2017年4月15日(土曜日)

測量部、重信川河口鳥類調査に参加

カテゴリー: - iyo14 @ 17時15分00秒

測量部で環境開発科3年生3人、2年生8人が、日本野鳥の会愛媛の鳥類調査に参加しました。私たちは重信川左岸河口(上流から下流を見て左の岸)での観察でしたが、この日、なぜか鳥類は右岸に集中していました。日本野鳥の会愛媛の会員さんに聞いてみると、「鳥類にとってエサとなる生物が右岸に多いからではないでしょうか。」とのことでした。また、3年生の指導により2年生が初めて鳥類撮影にも挑戦しました。編隊を組んで飛翔するハマシギや、夏羽になったズグロカモメ、婚姻色が現れたダイサギ、長いクチバシの向きが特徴のチュウシャクシギやオオソリハシギを確認しましたが、鳥との距離が長く撮影はまだまだです。重信川河口には貴重な生態系が維持されていることを再認識できました。
h290415-114.JPG h290415-111.JPG h290415-113.JPG h290415-112.JPG


159回目の愛媛ふれあいの海辺

カテゴリー: - iyo14 @ 17時00分00秒

測量部が中心になって行われている「愛媛ふれあいの海辺」が、伊予郡松前町の塩屋海岸で行われました。この日は、環境開発科3年8人、2年生8人、ボランティア情報を見て来られた方1人の17人が、1時間、重信川左岸河畔林や塩屋海岸でペットボトルや缶・ビンなどを回収しました。中にはタイヤ5本が不法投棄されていました。この日回収したゴミは、可燃ゴミ89.0kg(37袋)、缶・ビン14.7kg(7袋)、ペットボトル9.2kg(5袋)、プラスチック2.0kg(1袋)、粗大ゴミ62.8kg(6袋)の合計177.7kg(56袋)でした。
h290415-11.JPG h290415-12.JPG h290415-13.JPG h290415-14.JPG


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project    Theme designed by OCEAN-NET
copyright © 2009 伊予農業高等学校