メインメニュー
H29伊予農日記のカテゴリー
部活動

2017年7月17日(月曜日)

164回目の愛媛ふれあいの海辺

カテゴリー: - iyo14 @ 17時00分00秒

7月17日(月)、公益財団法人 海と渚環境美化・油濁対策機構からゴミ袋を提供していただき、南海放送の呼びかけに応えて海の日にあわせて、164回目の愛媛ふれあいの海辺を実施しました。7月15日には塩屋海岸中央から重信川河口の北側を清掃していたため、今日は、海岸中央から国近川の南側を中心に清掃しました。この日参加したのは、測量部を中心に、環境開発科3年生8人、2年生18人、1年生6人、生活科学科の1年生1人、卒業生5人の38人です。1時間足らずの間に回収したゴミは、可燃物27.1kg(37袋)、プラスチック3.4kg(6袋)、缶・ビン2.0kg(2袋)、漂着物が111.7kg(68袋)の合計、144.2kg(113袋)でした。海岸からゴミがなくなり、美しくなりました。
h290717-1.JPG h290717-2.JPG h290717-3.JPG h290717-4.JPG


2017年7月16日(日曜日)

高校生オープン大洲卓球大会

カテゴリー: - hp-admin2 @ 17時15分00秒

7月16日(日)、第10回高校生オープン大洲卓球大会が行われました。シングルスでは男子8人が決勝トーナメントに進みました。決勝トーナメントでは厳しい戦いでしたが、全員がんばってくれました。またダブルスでは菊池(岡田中)・岸田(城西中)が3回戦まで進みました。来週の松山市長杯でも、これ以上の結果が残せるようにがんばります。応援ありがとうございました。
IMG_8341.PNG IMG_8343.PNG IMG_8345.PNG IMG_8346.PNG
IMG_8347.PNG IMG_8348.PNG IMG_8349.PNG IMG_8350.PNG


第10回高校生オープン大洲卓球大会女子の部

カテゴリー: - iyo16 @ 17時00分00秒

7月16日(日)、大洲市総合体育館にて、第10回高校生オープン大洲卓球大会が開催されました。結果は、女子ダブルスで赤澤(雄新中)、大森(余土中)組がベスト8、田中、中井(港南中)組が準優勝しました。シングルスは、2年生は出場選手全員が予選リーグ1位で通解する快挙を見せ、田中(港南中)が準優勝、中井(港南中)が3位に入賞しました。遠く大洲まで応援に来ていただいた保護者の方々に感謝申し上げます。
IMG_1212.jpg IMG_1254.jpg IMG_1285.jpg IMG_1372.jpg
IMG_1424.jpg IMG_1599.jpg IMG_1972.jpg IMG_1987.jpg


2017年7月15日(土曜日)

野球応援

カテゴリー: - iyo16 @ 17時30分00秒

7月15日(土)、今治球場で高校野球1回戦が行われました。3年生を中心にバスで今治まで応援に行きました。結果は6対2で今治南高校に敗れましたが、暑い中緊張感のある試合だったので必死で応援することができました。選手の皆さん、応援団の皆さん、吹奏楽部の皆さん、3年生の皆さんお疲れ様でした。
IMG_1013.jpg IMG_1022.jpg IMG_1030.jpg IMG_1044.jpg 
IMG_1047.jpg IMG_1071.jpg IMG_1077_1.jpg IMG_1081.jpg

 


測量部、えひめ環境大学

7月15日(土)、測量部で環境開発科3年生の中岡さん、2年生の村井さんが愛媛大学で行われたえひめ環境大学に参加しました。講師は愛媛大学農学部森林環境制御研究室 戎 信宏准教授で、衛星リモートセンシングを用いた森林、土砂災害について学びました。リモートセンシングは「測量」の学習内容の一つです。現在環境開発科が行っているドローン撮影による正規化植生指数(指標)NDVI(Normalized Difference Vegetation Index)を使って稲の生育状況を把握する方法は、先進的でかつ信頼性が高いことがあらためて分かり、測量士補に合格している2人にはよく理解できました。8月5日のドローンの講義にも参加したいと思います。
h290715-114.JPG h290715-111.JPG h290715-113_1.JPG h290715-112.JPG


163回目の愛媛ふれあいの海辺

カテゴリー: - iyo14 @ 17時00分00秒

7月15日(土)、163回目の愛媛ふれあいの海辺が、測量部を中心に、環境開発科3年生12人、2年生16人、1年生6人、生活科学科1年生1人、ボランティア情報を見て来られた方2人の37人が塩屋海岸で清掃ボランティアを行いました。この日は海岸中央から重信川河口までと、左岸河畔林を中心にゴミを回収しました。1時間弱の活動で、可燃物46.8kg(28袋)、漂着物4.8kg(4袋)、不燃物2.2kg(2袋)、ペットボトルなどのプラスチック20.1kg(12袋)、缶・ビン11.7kg(6袋)、発泡スチロール9.0kg(6袋)の合計96.4kg(58袋)を回収しました。海の日の祝日にも活動を予定しています。
h290715-1.JPG h290715-2.JPG h290715-3_1.JPG h290715-4.JPG


2017年7月13日(木曜日)

愛媛県球児の夏、開幕!!

カテゴリー: - iyo22 @ 17時15分00秒

夏の日差しが厳しくなってきた7月13日(木)、第99回全国高校野球選抜愛媛大会の開会式が坊っちゃんスタジアムで行われ、愛媛県勢60校の熱い夏が開幕しました。
私たち伊予農生も、他校に劣らない堂々たる行進ができました。初戦は明後日15日(土)の第3試合、今治南高校(今治球場)と対戦する予定です。応援よろしくお願いします。
H29-0713-kaikaisiki1.jpg H29-0713-kaikaisiki3.JPG H29-0713-kaikaisiki4.JPG H29-0713-kaikaisiki5.JPG
H29-0713-kaikaisiki9.JPG H29-0713-kaikaisiki6.JPG H29-0713-kaikaisiki7.JPG H29-0713-kaikaisiki8.JPG


2017年7月9日(日曜日)

ふるさと海辺フォーラム2017 in 石狩

カテゴリー: - iyo14 @ 17時15分00秒

7月8日(土)9日(日)の2日間、ふるさと海辺フォーラム2017 in  石狩が北海道石狩市で行われ、測量部で、環境開発科2年生の村井さんが参加しました。このふるさと海辺フォーラムは毎年開催され、今まで、静岡市には2回、名取市には1回参加してきました。今回は石狩市ということもあり、早い段階から準備してきました。7日の17時に松山空港を出発し、羽田空港、新千歳空港と乗り継いで金曜日は千歳に宿泊しました。
8日(土)にはホスト役の「いしかり海辺ファンクラブ」の方の案内で、石狩浜海浜植物保護センターを起点に、広大な「はまなすの丘公園」を石狩川河口まで歩きました。途中、ハマニンニク、ハナナス、ハマハタザオ、ハマボウフウの群落が見られましたが、愛媛では極めて貴重なウンランの群落もあり驚きました。この日の午後からは、北海道大学院農学研究院講師松島肇氏の講演の後に、全国から集まった7団体による活動報告とパネルディスカッションを行いました。村井さんは発表とパネリストを見事にこなしました。
9日(日)は、「はまなすの丘公園」や日本一のカシワの海岸林や隣接する小樽市の海岸を見学しました。海辺を走るサンドバギーによる群落の消滅過程も体験し、有意義なフォーラムでした。来年は、静岡市でマイクロプラスチックによる環境問題を取り上げてフォーラムが開かれます。
h290710-1.JPG h290710-2.JPG h290710-3.JPG h290710-4.JPG 
h290710-5.JPG h290710-6.JPG h290710-7.JPG h290710-8.JPG


野球部練習試合(vs.松山南)

カテゴリー: - iyo22 @ 17時00分00秒

7月9日(日)、夏の初戦(15日)に向けて最後の試合となった今日、松山南高校と1試合の交歓試合を行いました。
H29-0709-yakyu-bu9_1.JPG H29-0709-yakyu-bu1.JPG H29-0709-yakyu-bu2.JPG H29-0709-yakyu-bu3.JPG 
H29-0709-yakyu-bu4.JPG H29-0709-yakyu-bu5.JPG H29-0709-yakyu-bu6.JPG H29-0709-yakyu-bu7_1.JPG
 先発のエース木本詠は初回、2奪三振と一ゴロで最高の立ち上がりを見せる。その勢いに打線も応えたいところだが、2番一色が8球粘った末に四球で出塁し2死2塁とするも、無得点で初回を終えてしまう。続く2回、松山南は先頭がヒットで出塁し、バントで1死2塁とすると、6番バッターにセンター前タイムリーを浴びて先制を許してしまう。その裏伊予農は、1死から6番木本弦が、三塁の守備位置を見て絶妙なセーフティー内野安打で出塁すると、続く7番岡田もセンターへの安打で反撃の口火を切る。その後、渡邉が四球で1死満塁とするも、9番武智の打球は運悪くセカンドの正面をつき、二塁併殺打で無得点に終わってしまう。嫌な流れの中、3回表にはサードへの内野安打から4番のタイムリーツーベースで追加点を許す。なんとか得点したい伊予農打線は4回、7番岡田のセカンドゴロの間にようやく1点を返す。しかし、フライアウトが続き追撃の雰囲気もないまま5回には松山南に2点を献上するなど、前半を1−4で終える。
 後半は6回にも得点を許したところで7回からリリーフ武智にスイッチ。流れを変えたいところではあったが、味方のエラーなどで2回を投げ2失点とピリっとしない。最終回は再びエース木本詠がマウンドに上がり、残りの力を振り絞り、渾身のストレートで2三振を奪い、1回をピシャリと抑えた。伊予農打線は松山南の4人の投手陣の前に7、8、9回と三者凡退に倒れ、終わってみれば1−7、4安打1得点と、夏の初戦に不安を残す結果となってしまった。
○松山南 011 021 110 | 7
●伊予農 000 100 000 | 1
 松南】
 伊農】木本詠、武智、木本詠−堀内


2017年7月8日(土曜日)

E4プラットホーム メガソーラー見学

カテゴリー: - iyo08 @ 17時30分00秒

7月8日(土)、国際部が今年のE4プラットホームの活動を開始しました。今年は昨年に続き環境問題を考える取り組みに挑戦です。愛媛大学ESD講座の学生さんたちと一緒に吾妻海岸(通称モンチッチ海岸)にあるDSメガソーラー(モンチッチ海岸発電所)を見学しました。最大出力1260KW、5000枚以上もあるソーラーパネルは圧巻です。日本にいれば当たり前にある電気ですが日本のような国の方が世界では少数です。これからちょっと電気を意識して感じ、エネルギーについて考えを深めていく予定です。
                                                                                                


2017年7月2日(日曜日)

野球部練習試合(vs.川之石)

カテゴリー: - iyo22 @ 17時00分00秒

夏の選手権開幕まであと「11」となった7月2日(日)、川之石高校と2試合の交歓試合を行いました。
H29-0702-yakyu-bu1.JPG H29-0702-yakyu-bu2.JPG H29-0702-yakyu-bu3.jpg H29-0702-yakyu-bu4.JPG
H29-0702-yakyu-bu5.JPG H29-0702-yakyu-bu6.JPG H29-0702-yakyu-bu7.jpg H29-0702-yakyu-bu18.jpg

<第1試合>
 初回川之石の先頭打者をライト木本弦が目測を誤り三塁打にしてしまうが、エンドランを空振りさせて三塁走者が飛び出し挟殺プレーでまたもミスによって1点を失う。しかしその裏、四死球で好機をつくり、四番堀内の二塁打で1点、続く磔のスクイズで2点目をあげ逆転に成功する。3回、ショートとライトのエラーでピンチを招き、3点を奪われて再逆転を許してしまったが、その裏、またも堀内が右中間を破る三塁打で1点を返す。5回にも両チームタイムリーヒットでそれぞれ1点ずつをあげ、前半を4−5で折り返した。後半は走者を出すも木本詠が要所を押さえ無得点で味方の逆転を待つが、伊予農打線もチャンスはつくるも拙攻で得点が奪えず、最終回を迎える。すると、木本詠の制球が突如乱れ、下位打者に連続死球でピンチを招き、スクイズで追加点を許してしまった。2点差に広がった9回裏も簡単に二死となったが、伊賀上が気迫のヘッドスライディングで内野安打として出塁すると、四球とヒットで満塁のチャンスをつくり、今日当たっている堀内が打席に向かう。センターに飛んだ飛球は、やや後方の守備位置にいたセンターがダイビングキャッチを試みるも後逸してしまい、走者一掃のサヨナラ逆転タイムリーとなった。
○川之石 103 01
0 001
   | 6
●伊予農 201 010 003× | 7
 川石】
 伊農】木本詠−堀内
<第2試合>
 先発の武智はボールが先行する不安定な立ち上がりであったが、要所を締めるピッチングで序盤を無失点で切り抜ける。打線は3回表、打撃好調の1番伊賀上のタイムリーヒットで先制するが、4回裏に、サード岡田のエラーで同点に追いつかれてしまう。続く5回表、二死から9番武智の二塁打でチャンスをつかみ、2番一色の二塁打で2点をあげた。しかしその裏、疲れが見えた武智が川之石打線につかまり、一挙4点を奪われ逆転を許してしまう。後半に入った6回表伊予農の攻撃は、3番木本詠からの好打順、主軸の連打でチャンスを広げると、長短打と押し出し四球で一挙に5点を奪い、再逆転に成功した。疲れの見える川之石投手陣に対し、続く7回・8回も攻撃の手を緩めず大量14点を奪った。投げては、後半からリリーフ登板の岡田が毎回走者を背負いながらも無失点に抑える好投で8回コールド勝ちを収めた。
○伊予農 001 025 20 | 14
●川之石 000 140 00 | 7
 伊農】武智、岡田−堀内
 川石】


2017年7月1日(土曜日)

重信川クリーン大作戦に参加

7月1日(土)、重信川の自然をはぐくむ会主催の重信川クリーン大作戦が行われ、測量部を中心に、生物工学科2年生4人、特用林産科2年生1人、環境開発科1年生12人、2年生23人、3年生6人の合計46人が河口の清掃をしました。他にも河川に関わる事業所も参加しており、環境開発科の卒業生4人とも久しぶりの再会となりました。河口には約160人が参加し、1時間ほどの活動で、可燃ごみ60袋、不燃ごみ30袋、粗大ごみ10袋が回収できました。重信川河口は大勢で清掃をすると短時間できれいになりました。この重信川クリーン大作戦は10月にも予定されています。
h290701-1.JPG h290701-2.JPG h290701-3.JPG h290701-4.JPG 


2017年6月25日(日曜日)

第99回全国高等学校野球選手権大会・抽選会

6月25日(日)、「第99回全国高等学校野球選手権大会・抽選会」がにぎたつ会館で行われ、対戦校が決まりました。
以下のように決まりましたのでお知らせします。
【日  時】平成29年7月15日(土)第3試合
【対戦校】今治南高等学校
【時  間】14:00〜
【場  所】今治市営球場


2017年6月18日(日曜日)

野球部練習試合(vs.安芸)(vs.東温)

カテゴリー: - iyo22 @ 18時00分00秒

6月18日(日)、安芸高等高校(広島県)と、東温高等学校と交歓試合を行いました。
H29-0618-aki-touonn1.JPG H29-0618-aki-touonn2.JPG H29-0618-aki-touonn3.JPG H29-0618-aki-touonn4.JPG
H29-0618-aki-touonn5.JPG H29-0618-aki-touonn6.JPG H29-0618-aki-touonn7.JPG H29-0618-aki-touonn8.JPG
<第1試合>
安芸高校の先発左腕の立ち上がりを攻め、相手のミスにも乗じて序盤で2点を先制した。先発の木本詠は、3回までに3死球と制球に苦しむも4回までを無失点に抑えた。しかし5回、2本の長打を浴び2点を失い同点に追いつかれる。さらに7回にはタイムリーヒットとエラーで2点を失い逆転されてしまう。しかしその裏、無死満塁のチャンスに4番篠のタイムリーヒットで2点、続く5番磔のレフト線を破る二塁打で2点をあげ逆転に成功する。このまま逃げ切りたいところであったが、最終回、安芸打線に長短打を浴び拙守も重なって一挙5点を奪われてしまった。その裏、岡田の二塁打で1点を返す意地を見せるも、7−9で敗れた。
○安  芸 000 020 205 | 9
●伊予農 110 000 401 | 7
 安芸】
 伊農】木本詠−篠

<第2試合>
東温高校との試合は1年生の岡田が先発だったが、その立ち上がり6本の長短打で一挙5点を奪われる苦しいスタートとなってしまった。4回には不用意なボークで1点を失うが、その後は低めを丁寧に突く投球で追加点を与えないピッチングであった。一方打線は、序盤のチャンスに併殺打やスクイズ失敗などで得点を奪えず、4回に磔のタイムリーで1点を挙げるのが精一杯であった。後半は、両チームとも淡泊な攻撃になり、大きなチャンスもないまま1−6で連敗を喫した。
○東  温 500 100 000 | 6
●伊予農 000 100 000 | 1
 東温】
 伊農】岡田−篠


国際教育部・愛媛県ユニセフ協会10周年のつどいに参加

カテゴリー: - iyo08 @ 17時45分00秒

6月18日(日)、松山市総合コミュニティーセンターのキャメリアホールで「愛媛県ユニセフ協会創立10周年記念のつどい」が開催されました。本校の国際教育部が参加し、活動報告としてここ5年ほど取り組んでいる「いよdeネシア」プロジェクトの中から環境保全について考えた取り組みを報告しました。つどいでは関西学院大学教授の久木田純先生による記念講演もあり、21世紀の地球社会の可能性とリスク、今の高校生には世界の問題を解決する能力を身に付けることが必要となることを学びました。SDGs(Sustainable Development Goals:2030年に向けて世界が合意した持続可能な開発目標)について考える一日となりました。
                                                                                                


松前町大溝でホームプロジェクトが開始

6月18日(日)、環境開発科が取り組むスクールプロジェクトに並行して、松前町大溝の環境開発科2年村井さんの水田とその周辺水田でも、14日田植えが始まりました。18日には補植を行っていますが、こちらのホームプロジェクトは慣行栽培で行います。今後、対空標識を設置し、ネットワーク型RTK測量により基準点の位置座標を求めて、ドローン撮影をする予定です。撮影の経費は、愛媛県「三浦保」愛基金の助成金を利用し、測量部がバックアップいたします。
h290618-1.jpg h290618-2.jpg h290618-3.jpg h290618-4.jpg 


四国高等学校卓球選手権大会2日目

カテゴリー: - iyo16 @ 17時15分00秒

6月18日(日)、四国高等学校卓球選手権大会2日目は、男女シングルスが行われました。男子シングルスは、井上が1回戦、徳島城南の安藝選手に3−0で勝ちましたが、2回戦は高知明徳義塾の岩本選手に0−3で敗れました。女子シングルスは、渡部が徳島市立の寺本選手に0−3、田中あは高知明徳義塾の二宮選手に0−3、中井は徳島市立の浦川選手に1−3でそれぞれ初戦負けしました。3年生は今大会で引退することになりましたが、団体、ダブルス、シングルスで精一杯戦ったと思います。遠く香川県まで応援に来ていただいた、保護者の皆様、先生方に感謝申し上げます。特に、3年生の保護者の皆様には3年間お世話になり、ありがとうございました。
IMG_0287.jpg IMG_0300.jpg IMG_0448.jpg IMG_0402.jpg 
IMG_1347.jpg IMG_1335.jpg IMG_1333.jpg IMG_1364.jpg 


測量部、鳥類調査に参加

カテゴリー: - iyo14 @ 17時00分00秒

6月18日(日) 測量部で環境開発科3年生の本山さん、片岡さん、2年生の藤川さん、池田さん、菊本さん、松田さん、1年生の臼杵さん、日野さん、渡辺さん、泉さん、木本さんの11人が、日本野鳥の会愛媛の重信川河口調査に参加しました。また、3年生片岡さんの指導により1年生は鳥類撮影にも挑戦しました。6月のこの時期は、カモ類は渡りを終え、秋の渡りの時期には早く鳥類が少ない時期でした。空を飛んでいるミサゴ(英名:Osprey)の写真撮影はうまくできました。しかし、留鳥のカルガモと今年生まれた子ガモ10羽を確認して撮影しようと追いかけましたが、遊水池の茂みに隠れて出てこなくなり、撮影を断念しました。重信川で繁殖していることが分かり、あらためて重信川の生態系の豊かさに驚きました。
h290617-2.JPG h290617-1.JPG h290617-3.JPG h290617-4.JPG 


2017年6月17日(土曜日)

野球部練習試合(vs.大洲農業)

カテゴリー: - iyo22 @ 17時15分00秒

6月17日(土)、大洲農業高等学校と2試合の交歓試合を行いました。
H29-0617-oozunougyou1.JPG H29-0617-oozunougyou2.JPG H29-0617-oozunougyou3.JPG H29-0617-oozunougyou4.JPG
H29-0617-oozunougyou5.JPG H29-0617-oozunougyou6.JPG H29-0617-oozunougyou7.JPG H29-0617-oozunougyou8.JPG
<第1試合>
初回、相手エラーによって幸先良く1点を先制するが、続く2回に一死三塁から内野ゴロの間に走者がホームイン、同点に追いつかれる。4回には一死三塁から犠飛で2点目を奪われ逆転を許した。しかし5回、一死二・三塁のチャンスに篠のタイムリーで2点、さらにスクイズで1点を追加し、逆転する。先発の岡田は5回を投げて2失点とまずまずの内容であった。後半はエースの木本詠を投入し、このまま逃げ切りたいところであったが、制球が不安定で大農打線に3点を奪われ逆転を許してしまう。伊予農打線は、後半精彩を欠き大きなチャンスを作れないまま、結局4−5で接戦を落としてしまった。
○大洲農 010 101 020 | 5
●伊予農 100 030 000 | 4
 大農】
 伊農】岡田、木本詠−篠

<第2試合>
序盤に4点を取って流れに乗りたいところであったが、先発の磔が2回に2点を返されると、さらに4回にはエラーから1点、連続タイムリーを浴びて3点、4−6と試合をひっくり返されてしまう。6回にスクイズとタイムリーで2点を返し同点に追いつくと、7回には交替した相手投手の立ち上がりを攻め、一挙5点をあげた。続く8回にも4本の長短打で3点を追加し、大量リードを奪った。最終回にも木本詠の右翼本塁打などで3点を奪ったが、後半からリリーフに立った武智は大量リードで緊張を欠いたのか、味方の拙守も加わり終盤に5点を奪われる大味な試合展開となってしまった。
○伊予農 130 002 533 | 17
●大洲農 020 400 023 | 11
 伊農】磔、武智−篠
 大農】


四国高等学校卓球選手権大会1日目

カテゴリー: - iyo16 @ 17時00分00秒

6月17日(土)、香川県坂出市民体育館にて、第70回四国高等学校卓球選手権大会が行われました。1日目は、男女ダブルスと男女学校対抗でした。女子ダブルスは、田中は、中井組が出場しましたが、高知明徳義塾ペアに0−3で敗れました。女子学校対抗は、予選Cリーグに出場し、徳島城南に0−3、香川尽誠学園に0−3で敗れました。高知商業には3−0で勝利し、1勝2敗でリーグ3位となりました。
IMG_9692.jpg IMG_0118.jpg IMG_0089.jpg IMG_0098.jpg 
IMG_0096.jpg IMG_0026.jpg IMG_9997.jpg IMG_9980.jpg 


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project    Theme designed by OCEAN-NET
copyright © 2009 伊予農業高等学校