メインメニュー
H28伊予農日記のカテゴリー
部活動

2017年2月22日(水曜日)

最後の実習(もぎたてテレビ)

カテゴリー: - iyo28 @ 18時58分38秒

  2月22日、南海放送より「もぎたてテレビ」の取材の依頼があり、環境開発科緑地類型3年生の最後の実習風景を撮影していただきました。10名の生徒たちは、11月に2つの卒業記念庭園を完成させましたが、庭園内のクロマツが卒業式直前に枯れてしまい、今日は新しいクロマツとの植え替えをする内容でした。詳しい内容は、3月5日11時45分からの南海放送「もぎたてテレビ」を御覧下さい。井上アナウンサーとのやりとりに爆笑の連続です。

CIMG7226.jpg CIMG7229.jpg CIMG7240.jpg

CIMG7243.jpg CIMG7244.jpg CIMG7247.jpg


2017年2月17日(金曜日)

春一番の中でガーデニング

カテゴリー: - iyo14 @ 13時00分00秒

  天気予報は雨。ガーデニングを外でしたい環境開発科2年の高嶋さんは”てるてる坊主”を12個も作って雨が降らないことをお祈りしたとか。その話に、柴尾さんや先生は大笑い。楽しい雰囲気の中、残っていたジャガイモを植え付け、カラシナやシュンキクを収穫し、ブルーベリーを剪定して菜園の手入れをしました。不織布を霜と猫のいたずら防止のために畝に掛けようとしましたが、風が強くなかなかうまく掛かりません。やっとの思いでできたのですが、もしかして「春一番」では?「春一番は、立春から春分の間に低気圧が日本海を進み、暖かな南風が強く吹き、前日より気温が上昇した最初の日」ということです。数時間後、高松地方気象台の発表はやはり「春一番」でした。”てるてる坊主”の効果があったのか、ガーデニングが終わったとたん雨になりました。
h290217-1.JPG h290217-2.JPG h290217-3.JPG h290217-4.JPG


2017年2月12日(日曜日)

全国高校生マイプロジェクトアワード関西大会

  2月12日(日)MY PROJECT AWARD 2016の関西大会が大阪府大東市で行われ、環境開発科1年生の村井さんが、学科で取り組んでいる「ドローンを活用した近赤外画像撮影による水稲栽培の生育状況の把握」を「瑞穂の国、再生プロジェクト」として発表しました。この関西大会に書類審査で選考されたのは42プロジェクト。個人の部、学校の部、A〜Gブロックの7班に分かれ、ブロック担当の審査員1人が1プロジェクトを本選に出場される方式でしたが、残念ながら全国大会出場はなりませんでした。審査基準の.ーナーシップ、▲▲ション、パッション、ぅリエイティブ、ゥ灰薀椒譟璽轡腑鵝↓Ε法璽此△諒向性に、客観性、学術的研究に主を置いた本プロジェクトは「合っていないな」と感じる大会でした。次回は学校農業クラブの県大会を目指したいと思います。
                                 


2017年2月11日(土曜日)

157回目のえひめふれあいの海辺

  2月11日(土)測量部を中心に活動している「えひめふれあいの海辺」を寒風が吹く塩屋海岸と重信川河口で実施しました。この日参加したのは、環境開発科1年生10人、2年生5人、3年生6人、生物工学科3年生1人、ボランティア情報を見て来られた方2人の24人でした。前日にも環境開発科1年生19人、2年生3人、園芸流通科1年生1人の23人が参加しています。2日間で回収したゴミは、可燃ゴミ85.8kg(40袋)、缶・ビン10.6kg(4袋)、ペットボトル23.4kg(10袋)、プラスチック7.5kg(1袋)、粗大ゴミ18.4kg(3袋)の合計145.7kg(58袋)でした。この他、冷蔵庫や抱えるのがやっとの木箱も投棄されていました。この季節、海辺の植物は、青々としたハマウドの成長が目立ちます。
h290211-2.JPG h290211-1.JPG h290211-3.JPG h290211-4.JPG


2017年2月8日(水曜日)

重信川フォーラムに参加

カテゴリー: - iyo14 @ 17時00分00秒

  2月8日(水)松山市道後のにぎたつ会館で、第20回重信川フォーラムが開かれ、測量部で環境開発科1年生8名と2年生5名が参加しました。また、1年生の池田さん、板坂さんが代表して「重信川河口 高校生が取り組む環境整備活動〜13年の軌跡〜」と代表して活動内容を発表しました。フォーラムの最後には、重信川の自然をはぐくむ会から感謝状をいただきました。その後行われた総会にも、2年生の片岡さん、1年生の村井さんが参加し、平成29年度の活動計画や外来性ザリガニ「マーモクレプス=ミステリークレイフィッシュ」の情報提供に驚きながら話を聞き、有意義な半日となりました。
                                 


2017年2月6日(月曜日)

環境開発科の農業鑑定競技校内大会

カテゴリー: - iyo14 @ 17時00分00秒

  2月6日(月)農業鑑定競技の校内大会が、先陣を切って環境開発科で行われました。環境開発科は本人の希望により区分「造園」と、区分「農業土木」に分かれて行われます。昨年の大阪大会では、生活科学科の勇元さんが最優秀になり、一躍、農業鑑定競技が有名になりましたが、環境開発科も2つの区分で最優秀の実績があります。しかし、平成15年、16年と「農業土木」で連続最優秀を最後に、現在は入賞からも疎遠になっています。平成29年度の全国大会は岡山県。校内で1位にはその出場資格が与えられます。つまり、環境開発科からは2名が出場できるのですが・・・・。在校生の皆さん、中学生の皆さん、伊予農で学科1位を目指しませんか。なお、他の5学科は2月10日に校内大会が行われます。
h290206-2.JPG h290206-3.JPG h290206-4.JPG h290206-5.JPG


2017年2月4日(土曜日)

ゴルフボールはどこから来たのか

カテゴリー: - iyo14 @ 17時00分00秒

  2月4日(土)立春のこの日、春を感じさせる穏やかな天候の中、測量部で環境開発科2先生の片岡さん、阿部さん、中岡さん、1年生の池田さん、板坂さん、菊本さん、松田さん、村井さんが重信川河口にあるゴルフボールを調査しました。この日は、堤防上からフィールドスコープでボールを探しながら、ボールを確認すると、そこにGPS受信器を立てて位置座標をデータロガーにデータを送って解析しました。前回の調査は12月25日でしたので、40日後で少ないと思われたのですが、回収したボールは250個。前回より多く驚きました。回収したボールはすべて海水に沈みましたので、学校近くの内水面を利用しているゴルフ場の支配人に見てもらったところ、これらのボールはゴルフ愛好家が干潟に打ち込んだものと判明しました。心ない人の行為で、大変残念な結果でした。
h290204-1.JPG h290204-2.JPG h290204-3.JPG h290204-4.JPG


2017年2月3日(金曜日)

ジャガ芽挿し栽培に挑戦

カテゴリー: - iyo14 @ 16時00分00秒

  2月3日(金)季節を分けるという意味もある節分のこの日、春を思わせるような陽気の中、2年生のガーデニングが行われました。残っていたハクサイとダイコンを収穫し、その後、平成21年1月、北海道の優良品種に認定されたジャガイモ「ピルカ」と、平成4年に品種登録された「とうや」を植え付けました。その後、ポットに「メークイン」「男爵」「ピルカ」「とうや」を3個ずつ植え付けました。このポット育苗は、発生したジャガイモの芽をすべて挿し芽として利用するため、_蠏腓作業が不要。⊆鎔鬚寮疚鵑砲覆襦7曽がそろう。せ期をずらして植え付けられる。タ漆△┐任るので土寄せが1回ですむ。雑草の生育スピードにも負けない。Х膤瑤鯤篆△任る、などの利点があります。前回の「踊り葉ボタン」今回の「ジャガ芽挿し栽培」と次々に栽培法を紹介していただける松浦先生にみんな脱帽です。
h29023-1.JPG h29023-2.JPG h29023-3.JPG


2017年2月2日(木曜日)

スクールフォトレポート

  2月2日(木)環境開発科が取り組んでいる「ドローンを活用した近赤外画像撮影による水稲栽培の生育状況の把握」の3学期のスクールフォトレポートが、パナソニック教育財団のホームページに掲載されました。http://www.pef.or.jp/school/grant/school_photo/2017_0202/
この研究もあと実践成果報告書を仕上げる最終ステージになりました。
h290202_1.jpg


2017年2月1日(水曜日)

伊予地区農業・生活研究フォーラム2017

  2月1日(水)ウェルピア伊予で、伊予地区農業・生活フォーラム2017『儲けよう・考えよう!みんな輝く伊予地区農業』が開催されました。本校からは、環境開発科1年生の村井さん、足立さんが「ドローンを活用した近赤外画像撮影による水稲栽培の生育状況の把握」を、食品化学科2年の坂井さん、杉本さんらが「ザ・佐礼谷〜今、高校生にできる食文化を通じた地域興し〜」を発表しました。また、生活科学科の生徒さんは、試食アンケートで、女子力を発揮していました。
h290201-1.JPG h290201-2.JPG h290201-3.JPG h290201-4.JPG


2017年1月30日(月曜日)

環境開発科の課題研究発表会

カテゴリー: - iyo14 @ 17時00分00秒

  1月30日(月)環境開発科3年生の課題研究発表会が2年生に対して行われました。今年度実施した内容は、調査研究として、.疋蹇璽鵑魍萢僂靴真絨陲寮鍵蘊況の把握、▲キ養殖資材の回収と森海岸環境整備活動、啓発看板の設置、作品製作として1坪庭園と流木を利用した看板製作、ぜ柴眥躅爐噺淇姫復活祭の御輿の製作でした。2年生は、課題研究の学習内容の参考になったと思います。
h290130-1.JPG h290130-2.JPG h290130-3.JPG h290130-4.JPG


2017年1月27日(金曜日)

ジャガイモの植え付けと踊り葉ボタンの育成

カテゴリー: - iyo14 @ 15時00分00秒

  1月27日(金)旧暦では本日が大晦日。穏やかな天候の中、2年生のガーデニングが行われました。まず、ハクサイとエンドウを収穫し、ニンニクとタマネギに完熟牛ふん堆肥を追肥として施しました。次に大きめのメークインを半分に切って草木灰を切り口に付け、植え付けていきました。さらに、葉ボタンは花が咲く頃には見頃が終わりとなりますが、今回は鉢替えし、花が終わりサヤができる頃、サヤを切り落とし、摘心して2年ものの「踊り葉ボタン」を育成してみます。
h290127-1.JPG h290127-3.JPG h290127-2.JPG


2017年1月23日(月曜日)

園児との最後の交流会

カテゴリー: - iyo22 @ 17時00分00秒

 環境開発科3年生37名が、みどり保育所の園児と最後の交流会を行いました。
 まずは、本日のメインであるカレーの下ごしらえを園児と一緒に行った後、おんぶリレーやペンギン走、大ズボン競争などで親睦を深めました。また、今年から高校生による出しものとして「食育」をテーマにした紙芝居「おこめができるまで」を小松さん、篠籐さんが披露し、園児たちにお米についての学習も行いました。
 最後はみんなでカレーを食べ、お歌のプレゼントもいただきました。帰るころにはすっかり仲良しになっていて、最後なのかと思うと少し寂しそうな生徒もいました。
 生徒の新しい一面を感じれる、とてもいい交流会でした。みどり保育所の皆さん、本当にありがとうございました。
096.JPG 129.JPG DSC_0430.JPG
300.JPG 308.JPG 326.JPG


2017年1月21日(土曜日)

測量部、鳥類調査に参加

カテゴリー: - iyo14 @ 17時00分00秒

  1月21日(土)測量部で環境開発科2年生の阿部さん、中岡さん、片岡さん、1年生の菊本さん、松田さん、藤川さん、村井の7人が日本野鳥の会愛媛の重信川河口、鳥類調査に参加しました。この日は、前日の暴風雪警報が嘘のような穏やかな天候でした。河口には、ハヤブサやカンムリカイツブリ、ダイゼンやハマシギ、マガモやオナガガモなど多くの鳥類を確認することができました。ただ、鳥類撮影にも挑戦したのですが、なかなか鳥との距離を縮めることができず、うまく撮影することができませんでした。また、次回、撮影に挑戦してみたいと思います。調査をしながら、河畔林や河口のゴミを確認しましたが、生活ゴミや冷蔵庫などが不法投棄され、1週間前にきれいに掃除したばかりだったので大変残念です。
h290121-1_1.JPG h290121-2_1.JPG h290121-3_1.JPG

  


2017年1月20日(金曜日)

ドローンの活用、県大会で最優秀

  1月20日(金)愛媛県学校農業クラブ連盟、平成28年度第2回各種発表県大会が本校体育館で行われました。環境開発科が取り組んでいる「ドローンを活用した近赤外画像撮影による水稲栽培の生育状況の把握」を1年生の村井さん、足立さん、野間さん、永見さんが代表して発表し最優秀になりました。今後は、水稲農家への普及やエコえひめ農産物の指定を目指し活動を続けます。
h290120-1.JPG h290120-2.JPG h290120-3.JPG


2017年1月19日(木曜日)

3年生、最後のガーデニング

カテゴリー: - iyo14 @ 17時00分00秒

  1月19日(木)穏やかな天候の中、環境開発科3年生の最後のガーデニングの授業がありました。今日は、愛媛県学校農業クラブ連盟、第2回各種発表県大会が本校体育館で行われているため、運営に当たっている緑地類型の5人は欠席です。それでも環境類型の8人が、ソラマメの摘心やパンジー、ビオラの花がら摘みをしたのち、管理機で耕起し、ジャガイモを植え付けました。ソラマメもジャガイモも収穫の頃にはもう卒業していていないのですが、後輩の皆さん、収穫を楽しんでください。また、2年間お世話になったポタジェ(鑑賞菜園)、ありがとうございました。
h290119-1_1.JPG h290119-2.JPG h290119-3.JPG


2017年1月16日(月曜日)

自家採取用ソラマメの摘心

カテゴリー: - iyo14 @ 17時00分00秒

  1月16日(月)環境開発科1年生の「農業と環境」の時間にソラマメの摘心をしました。市販のソラマメは農薬を混ぜたコーティング種子ですが、環境開発科では無農薬栽培にこだわっているため、コーティング種子を使用しません。そこで、充分、種子が熟すまで畑で栽培しています。少し時期は過ぎたのですが、この日は主枝を摘心しました。これは、側枝の発生を促し、側枝を4本から5本確保するための作業です。その後、成長とともにI字仕立てにするため支柱を立てていきました。
h290116-2.JPG h290116-3.JPG h290116-1.JPG


2017年1月14日(土曜日)

風早有機の里づくり・循環型農業見学ツアーに参加

カテゴリー: - iyo14 @ 17時15分00秒

  1月14日(土)測量部で環境開発科1年生の村井さん、2年生の中岡さん、阿部さんが松山市北条地域で行われた循環型農業見学ツアーに参加しました。まず、フジ夏目店で食品残渣を冷凍保存して、それをロイヤルアイゼンが持ち帰り、堆肥化します。次にその堆肥を、地域の農家が農業に使っているシステムを見学してきました。農家の生産物→フジ(食品残渣)→ロイヤルアイゼン(堆肥化)→農家(堆肥として使用)という流れができていることがよく分かりました。お土産にキャベツとハクサイをいただきました。次回は3月4日(土)に開催予定です。
                      


2017年1月13日(金曜日)

2年生のガーデニング

カテゴリー: - iyo14 @ 17時00分00秒

  1月13日(金)3学期最初の2年生のガーデニングの授業がありました。気温が低くしっかり着込んでの作業でしたが、ダイコン、タカナ、エンドウ、シュンキクを収穫し、ソラマメの摘心をしました。その後、パンジー、ビオラ、ガーデンシクラメンの花がら摘みをして本日の作業を終了しました。
h290113-1.JPG h290113-2.JPG h290113-3_1.JPG


2017年1月12日(木曜日)

3年生のガーデニングもあと2回

カテゴリー: - iyo14 @ 17時00分00秒

  1月12日(木)2017年、最初の環境開発科3年生のガーデニングがありました。とは言っても、1月25日から学年末考査が始まるため、今回を含めてあと2回です。午後の授業とは言えあまり気温が上がらず、菜園から出た枯れ枝などをたき火しながらの実習でした。ダイコン、ニンジン、カブ、リーフレタスなどを収穫しました。ホウレンソウの葉の裏に白い粉のようなものが、、、、。農薬は使ってないはず。調べてみると、ホウレンソウの分泌物であるシュウ酸カリウムの結晶で冬になり夜の気温が下がると、寒さから身を守るために白い粉をつけるそうです。洗ってから茹でて水にさらせば食べられることが分かりました。
h2901012-1.JPG h2901012-2.JPG h2901012-3.JPG
h2901012-4.JPG h2901012-5.JPG h2901012-6.JPG


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project    Theme designed by OCEAN-NET
copyright © 2009 伊予農業高等学校