カテゴリ:環境開発科

環境開発科2学年ガーデニング

9月12日(水)  環境開発科2年生の「ガーデニング」がありました。本日は除草をし、ナス、トマト、パプリカなどの収穫も行いました。また、ジャガイモの定植も行いました。雨の予報でしたが、何とか天気も持ち、作業をすることができました。 

モデル農家水田のドローン撮影

9月12日(水) 伊予農希少植物群プロジェクトチームが取り組んでいるプロジェクトは、前回、機材トラブルで実施できなかった大溝のドローン撮影を行いました。当日は、ウインズ石田さんの協力を得て、NDVI(正規化植生指数)を撮影するカメラと、通常のカメラの2機で行いました。オレンジ色に写っているのがNDVIのfalse画像、緑色に写っているのがRGBカメラ画像です。水田にはセイタカシギが飛来しており、生態系の豊かさを感じました。
   

第178回えひめふれあいの海辺

9月8日(土) 第178回のえひめふれあいの海辺があり、有志生徒6名、地域住民の方2名の計8名で清掃活動を実施しました。降雨予報にも関わらず、清掃活動中はほとんど雨が降らず、何とか活動できました。可燃ごみ94.6kg(18袋)、ペットボトル19.6kg(7袋)、缶4.9kg(2袋)、発泡スチロール12.4kg(2袋)、漂着ゴミ6.0kg(1袋)の合計137.5kg(30袋)を回収しました。
   

 

種イモの植え付けとドローン撮影【3回目】

9月6日(木) 環境開発科2年生環境類型の生徒が種イモの植え付けとドローン撮影を行いました。種イモはデジマ等の品種を約30cm間隔で畝に植え付けました。ドローン撮影は収穫前最後の撮影でしたが、機材トラブル等により一部実施できませんでした。
   

第3回水稲生育調査

8月23日(木) 環境開発科1年生の松下さん、福岡さん、藤原さん、丸橋さん、光藤さん、藤原さん、廣田さん、福嶋さん、日野さんの9名が水稲の生育調査を行いました。天候が心配されましたが、実習時間中は雨・風ともになく、作業を終えることができました。3号田、4号田の稲は順調に育っていますが、台風の影響がないか心配です。