カテゴリ:食品化学科

伊予農カフェ

1月21日(月) 本日伊予農カフェ、放課後オープンしました。ハダカムギピザと乳酸飲料がメニューです。ハダカムギ大王も登場しました。ホカホカのピザは身も心も温まります。

芋ケンピを製造しました

1月16日(水) 食品化学科1年生の総合実習で「芋ケンピ」を製造しました。材料のサツマイモは自分達で育てたものです。芋の切り方や、砂糖をからめるタイミングなど初めての経験でとても勉強になりました。自分達で栽培した食材を使った加工食品の製造はとても楽しかったです。

ラッカセイの調整

1月15日(火) 食品化学科1年生の「農業と環境」でラッカセイの調整(殻剥き)を行いました。このラッカセイは鳥ノ木圃場で栽培し、昨年の暮れ皆で収穫し乾燥した物です。調整の終わったラッカセイはオーブンで煎り、様々な加工食品を作りたいと考えています。

「加工体験教室」が愛媛新聞に掲載されました!

1月4日(金) 先日行われた幼稚園児を対象とした裸麦の加工体験教室が愛媛新聞に掲載されました。生産量全国1位の愛媛県産裸麦をPRして、普及につなげようと今年度初めて開催されました。

こちらをクリックすると詳細がご覧いただけます。

愛媛新聞 平成30年12月29日.pdf

愛媛新聞 平成30年12月29日(土)9面

掲載許可番号d20190104-004

幼稚園児との「加工体験教室」

12月27日(木) 食品化学科の1年生全員で木の実幼稚園児との「加工体験教室」を行いました。今日の体験内容は「裸麦のピザ、パスタの製造」です。始めに裸麦大王による簡単なクイズを行い、愛媛県が生産量日本一である「裸麦」を知ってもらいました。その後早速ピザの生地作り、発酵させている間にパスタの製造を行いました。あっという間に体験時間が過ぎ、出来上がったピザを園児と一緒に試食し、交流を深めることがきました。

中学2年生対象「食品化学科体験教室」開催

12月26日(水) 今年で5回目となる伊予市管内の中学2年生を対象とした「食品化学科体験教室」が開催されました。今日は食品化学科の2年生が先生となり5種類のパン製造と施設・部活動見学が行われました。始めは緊張していた皆さんもすぐに高校生と仲良くなり充実した時間を過ごすことができました。一年後に進路選択をする上で実業高校の様子を少しでも体験できたのではないかと思います。

 

パンコンテスト本戦に向けて猛練習中

12月25日(火) 来年1月19日(土)20日(日)に静岡県伊豆の国市で行なわれる「第13回全国高校生パンコンテスト」に今年も5年連続で食品化学科の4名の生徒が本選に出場します。本選では全国から選ばれた24名の中で4名が伊予農業高校という大会史上初めての最多出場人数です。出場部門と予選通過人数は「レーズン部門(初出場)」50名中6名の中に一人に、「全粒粉部門(初出場)」42名中4名の中の二人に、「手仕込み部門」261名中4名の中の一人に選ばれました。これまで3回の日本一を修めた先輩に続けと、冬休みも返上し毎日学校で特訓中です。4回目の日本一を目指して頑張れ~!

 

全国パンコンテストに向けて

12月19日(水) 全国パンコンテストに向けて本戦に出場する食品化学科の生徒が毎日遅くまで頑張っています。2年生の矢吹さん、3年生の竹内さん、櫻木さん、窪田君が来年行われる全国パンコンテストに向けて一生懸命頑張ってパンを作っています。とても美味しそうなパンです!

 

 

ハクサイとダイコンを収穫しました

12月18日(火) 食品化学科1年生の「農業と環境」で、今日はハクサイとダイコンを収穫しました。害虫の影響もありましたが各班とも立派に育てることができ、家に持ち帰ります。ダイコンは一人2本収穫し、1本は学校で即席漬けも作りました。残ったハクサイとダイコンは3学期の授業で加工食品の製造に利用します。

 

ムクナ豆の収穫

12月13日(木) 食品化学科3年生、食品製造A班が取り組んでいる「ムクナ豆の栽培と有効利用の研究」で、今日は鳥ノ木圃場と浜田農場のムクナ豆を収穫しました。鳥ノ木圃場は休耕田でムクナのつるも枯れており収穫適期と思われましたが、浜田農場のムクナはまだつるも元気でムクナの莢もやや緑色でした。収穫したムクナは莢の両端をはさみで切り、天日乾燥させます。こうすることで莢が萎縮し中のムクナ豆が簡単に取り出すことができます。