カテゴリ:食品化学科

食化の「農業と環境」

10月30日(火) 食品化学科1年生の「農業と環境」で、今日はハクサイとダイコンの中耕・除草を行ないました。無農薬で栽培しているためコナガの幼虫やアオムシが見られましたが、捕殺しました。苦手な生徒もいたようです。

「栗入りばら寿司」の製造

10月30日(火) 食品化学科3年生の食品製造A班が「栗入りばら寿司」の製造を行いました。材料は全て農家の方から実習用に無償で提供していただいた物です。始めてのばら寿司作りでしたが大変美味しく製造することができました。旬の食材に改めて感謝です。

 

伊予農クッキーを生徒に販売しました

10月25日(木) 食品化学科で製造している「伊予農クッキー」を今日は2年生を対象に放課後販売しました。先日3年生に販売、来週の火曜日は1年生に販売します。農業祭では地域の皆様優先で販売するため、生徒への販売はありません。そこで前もって学年毎に曜日を指定し販売しています。

 

サツマイモを収穫しました

10月23日(火) 食品化学科1年生の「農業と環境」で、今日はサツマイモの収穫を行ないました。あまり収量は多くありませんでしたが、中には形も大きさも立派な物もありました。今日収穫したサツマイモは次回の「総合実習」で芋ケンピに加工する予定です。

 

豚枝肉の解体実習

10月23日(火) 食品化学科3年生の食品製造専攻生が「豚枝肉の解体」の実習を行いました。JAえひめアイパックスの大森先生から解体手順を教えて頂きました。枝肉の迫力に驚きながらも、鎖でできた専用の手袋をつけ、「ロース」「バラ」「モモ」「ウデ」に解体しました。初めての貴重な経験が出来、大変勉強になりました。次は加工品に挑戦します。