カテゴリ:生物工学科

花粉管の観察

3月14日(木) 昨日培地の上に落とした花粉を顕微鏡で観察しました。すると、花粉から長く管が伸びていました。花粉が塊で落ちていたところからは、大量に白っぽい綿のように管が伸びていて肉眼でも見えるほどでした。1日で花粉がこんな変化をするなんて、びっくりでした。植物の受精について興味が深まりました。

        ツバキの花粉管です    ヒイラギナンテンの花粉管です

ツバキの花粉観察

3月13日(水) 生物工学科1年生が花粉の観察をしました。伊予農には校庭にたくさんのツバキがあり、今、様々な色や形の花が満開です。好きな花を選び、スライドガラスにのせた培地の上に花粉を落としました。顕微鏡の使い方に苦戦しながらも、黄色くて丸い花粉を観察することができました。

 

カーネーションの茎頂培養

2月6日(水) 生物工学科1年生がカーネーションの茎頂培養をしました。実態顕微鏡をのぞきながら茎頂をメスで切り取る作業に苦戦しましたが、全員が無事培地に置床できました。

農業鑑定競技 校内大会

2月5日(火) 生物工学科は「園芸」の分野に挑戦しました。1問20秒。集中して野菜、果樹、草花、農業経営など事前展示で学習した内容の成果をぶつけました。結果が楽しみです。

生工 かるた大会

2月4日(月) 生物工学科2年生が「生工 百人一首」でかるた大会をしました。自分が作った歌のカードを取られてしまったり、友人の和歌に感心したりと、とても盛り上がりました。素敵な歌の一部を紹介します。

生物工学科 課題研究発表会

1月29日(火)  生物工学科3年生が課題研究の発表会をしました。10の発表があり、園芸セラピー、土壌からの酵母分離、卵殻の強化など選考班の特徴あふれるテーマばかりでした。研究班で1年間取り組んだ成果に2年生は感心していました。来年度が楽しみです。

生物工学科(生工)百人一首

1月28日(月)  生物工学科では伊予農業高校100周年にちなんで「生工百人一首」を作りました。冬休みの課題で全員が植物バイテクや農業をテーマに短歌を作り、その中から選ばれた歌をカードに書きました。完成したらかるた大会をします。

農業鑑定競技の展示準備

1月24日(木) 今日は生物工学科3年生最後の実習でした。バイテク班は後輩への思いを込めて植物バイテク区分の出題展示を選び、会場の準備をしました。1,2年生は明日から始まる事前展示の記録をしっかりとって、農業の知識を身に付けましょう。

JICAの方々が見学に来られました

1月18日(金) 「JICA青年研修事業」の一環で大洋州(オセアニア)の方々が授業見学に来られました。生物工学科はバイテク実験を見ていただきました。通訳を通して培地やランについてもたくさん質問していただき、とても楽しい時間でした。