GAPの価値を共有するパートナー会での事例報告

2月4日(月) 岡山県農業共済会館で「 GAPの価値を共有するパートナー会in中国四国」があり、 環境開発科3年の村井さん、池田さんが本校のGLOBALG. A.P.の取組について報告しました。教育関係者、行政、流通業者、生産者等が多数参加する中での落ち着いた発表態度と、質疑応答の完璧な受け答えには、思わず指導者も感心してしました。3年生にとって最後の発表機会でしたが、環境開発科では、GAP教育等を通して、主体的に学び、自ら考えて、指導者の力量をはるかに超えていく生徒が育っています。