モデル農家水田のドローン撮影

9月12日(水) 伊予農希少植物群プロジェクトチームが取り組んでいるプロジェクトは、前回、機材トラブルで実施できなかった大溝のドローン撮影を行いました。当日は、ウインズ石田さんの協力を得て、NDVI(正規化植生指数)を撮影するカメラと、通常のカメラの2機で行いました。オレンジ色に写っているのがNDVIのfalse画像、緑色に写っているのがRGBカメラ画像です。水田にはセイタカシギが飛来しており、生態系の豊かさを感じました。