2018年7月の記事一覧

生活科学科「伊予おどりパレード」に参加

7月28日(土) 伊予彩まつり「伊予おどりパレード」に生活科学科が参加しました。1年生「Star Girls」2年生「農業女子25」の2チームが元気と笑顔いっぱいの踊りを見せてくれました。それぞれの学年お揃いの衣装を着て、五色浜グラウンドから郡中駅にかけて1時間ほど一生懸命披露しました。台風12号が接近している中、地元の方、本校の生徒、保護者、教職員など多くの人が声をかけてくれました!

特用林産科1年生の皿が峰実習

7月24日 (火)25日(水)  特用林産科1年生が皿が峰登山で実習を行いました。森林の持つ社会的役割を理解し、樹木に触れることで専門的知識を得ることができました。登山は大変でしたが、様々な体験ができ、多くのものを得ることができました。

本気のインターンシップ

7月25日(水) 夏休みと同時に始まったインターンシップ。今年は2,3年生合わせて140名程が、約100社の企業で職場体験をさせてもらっています。進路選択に向けた本気のインターンシップです。明日からの後半も熱中症対策を万全にして臨みましょう。

 

学びトライアル(大学出張講義)

7月25(水) 今週は、愛媛大学と松山大学の先生をお招きし、毎日出張授業をしていただいています。今日は「土から見える食糧生産と農業・環境の問題」(愛媛大学農学部)、「クレジット産業と消費社会-今治、桜井から」(松山大学経済学部)の授業がありました。高校の授業とは一味違った雰囲気で、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

ドローンによる水稲モニタリング手法の研究

7月24日(火) 環境開発科2年生の城村さんがドローンによる水稲モニタリングに挑戦しました。これは、一昨年度から測量会社と共同研究しているもので、4種のカメラを使用し、水稲の活性を捉えます。撮影には「ラップ」が大事であることを学びました。