2018年12月の記事一覧

今年1年ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

12月28日(金) 今日で今年の業務は終了です。創立100周年ということで様々な行事を行い、無事に終えることができました。関係しました全ての皆様に厚くお礼申し上げます。本当にありがとうございました。平成31年が皆様にとって実り多き年になりますようお祈り申し上げます。

生活科学科2年生「フードデザイン」

12月28日(金) 生活科学科2年生の「フードデザイン」で、クリスマスの献立「鶏肉のなべ照り焼き・コーンスープ・ミモザサラダ」を作りました。中学生の皆さん、生活科学科では、テーブルコーディネートを考えた献立実習がたくさんでき、とても楽しいです。ぜひ、一緒に楽しくおいしく実習しましょう。

生活科学科3年生「フードデザイン」

12月28日(金) 生活科学科3年生は、1月の1級検定に向けて、フルコース5品を作る練習をしています。5品並べてみると、彩り等、改善案も多くあったので、次の練習までにメニューを再考します。

幼稚園児との「加工体験教室」

12月27日(木) 食品化学科の1年生全員で木の実幼稚園児との「加工体験教室」を行いました。今日の体験内容は「裸麦のピザ、パスタの製造」です。始めに裸麦大王による簡単なクイズを行い、愛媛県が生産量日本一である「裸麦」を知ってもらいました。その後早速ピザの生地作り、発酵させている間にパスタの製造を行いました。あっという間に体験時間が過ぎ、出来上がったピザを園児と一緒に試食し、交流を深めることがきました。

先進柑橘農家を見学しました(園芸流通科)

12月26日(水) 園芸流通科2年果樹専攻生5名は、愛媛県の代表的柑橘である『せとか』『紅まどんな』『甘平』を施設栽培している先進農家を見学しました。松山市の八木氏と砥部町の白潟氏は、県内で表彰実績のある農家で、柑橘経営の魅力を学びました。見学の際には、JA営農指導員の私達果樹班の先輩である武智氏にもお世話になりました。

中学2年生対象「食品化学科体験教室」開催

12月26日(水) 今年で5回目となる伊予市管内の中学2年生を対象とした「食品化学科体験教室」が開催されました。今日は食品化学科の2年生が先生となり5種類のパン製造と施設・部活動見学が行われました。始めは緊張していた皆さんもすぐに高校生と仲良くなり充実した時間を過ごすことができました。一年後に進路選択をする上で実業高校の様子を少しでも体験できたのではないかと思います。

 

パンコンテスト本戦に向けて猛練習中

12月25日(火) 来年1月19日(土)20日(日)に静岡県伊豆の国市で行なわれる「第13回全国高校生パンコンテスト」に今年も5年連続で食品化学科の4名の生徒が本選に出場します。本選では全国から選ばれた24名の中で4名が伊予農業高校という大会史上初めての最多出場人数です。出場部門と予選通過人数は「レーズン部門(初出場)」50名中6名の中に一人に、「全粒粉部門(初出場)」42名中4名の中の二人に、「手仕込み部門」261名中4名の中の一人に選ばれました。これまで3回の日本一を修めた先輩に続けと、冬休みも返上し毎日学校で特訓中です。4回目の日本一を目指して頑張れ~!

 

卓球部女子 平成30年度愛媛県高等学校選抜卓球団体リーグ大会(四国選抜予選会)

12月24日(月) 愛媛県総合運動公園体育館にて上記大会が開催されました。女子予選Bリーグ、第一試合は宇和島東に3-2で競り勝ち、第二試合は松山商業に同じく3-2で競り勝ちました。第三試合は今治南に1-3で敗れ、予選リーグ2位で決勝リーグに進出しました。決勝リーグ第一試合は済美に0-3で敗れ、第二試合も今治西に0-3で敗れました。決勝リーグは予選リーグの結果も持ち越すため0勝3敗で4位となり、惜しくも四国選抜大会の出場と3位までの賞状を逃しました。しかし、ベスト4に進出したので、来年度県総体に団体戦推薦出場が決定しました。朝早くから会場にて応援していただいた、保護者、学校関係者の皆様、引退した3年生には深く感謝申し上げます。

 

平成30年度高等学校卓球合同強化練習会(男子)

12月24日(月) 高等学校卓球合同強化練習会が愛媛県総合運動公園体育館で開催されました。県下から数多くの高校が参加しました。男子部からは2チーム1部に出場しました。Aチームは5試合、Bチームは4試合行いました。タイムテーブルによる時間制の方式なので勝敗は決まらないこともありましたが、数多くの試合をすることができました。応援に来ていただいたご家族の皆様に感謝申し上げます。