2018年12月の記事一覧

今年1年ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

12月28日(金) 今日で今年の業務は終了です。創立100周年ということで様々な行事を行い、無事に終えることができました。関係しました全ての皆様に厚くお礼申し上げます。本当にありがとうございました。平成31年が皆様にとって実り多き年になりますようお祈り申し上げます。

生活科学科2年生「フードデザイン」

12月28日(金) 生活科学科2年生の「フードデザイン」で、クリスマスの献立「鶏肉のなべ照り焼き・コーンスープ・ミモザサラダ」を作りました。中学生の皆さん、生活科学科では、テーブルコーディネートを考えた献立実習がたくさんでき、とても楽しいです。ぜひ、一緒に楽しくおいしく実習しましょう。

生活科学科3年生「フードデザイン」

12月28日(金) 生活科学科3年生は、1月の1級検定に向けて、フルコース5品を作る練習をしています。5品並べてみると、彩り等、改善案も多くあったので、次の練習までにメニューを再考します。

幼稚園児との「加工体験教室」

12月27日(木) 食品化学科の1年生全員で木の実幼稚園児との「加工体験教室」を行いました。今日の体験内容は「裸麦のピザ、パスタの製造」です。始めに裸麦大王による簡単なクイズを行い、愛媛県が生産量日本一である「裸麦」を知ってもらいました。その後早速ピザの生地作り、発酵させている間にパスタの製造を行いました。あっという間に体験時間が過ぎ、出来上がったピザを園児と一緒に試食し、交流を深めることがきました。

先進柑橘農家を見学しました(園芸流通科)

12月26日(水) 園芸流通科2年果樹専攻生5名は、愛媛県の代表的柑橘である『せとか』『紅まどんな』『甘平』を施設栽培している先進農家を見学しました。松山市の八木氏と砥部町の白潟氏は、県内で表彰実績のある農家で、柑橘経営の魅力を学びました。見学の際には、JA営農指導員の私達果樹班の先輩である武智氏にもお世話になりました。