メインメニュー
H29伊予農日記のカテゴリー
部活動

2017年10月16日(月曜日)

水稲の収量診断

10月16日(月)  環境開発科1年生が、「農業と環境」の授業で水稲の収量診断を行いました。白水農場の1号田(もちみのり)、3号田(あきたこまち)、4号田(あきたこまち)について、それぞれ茎数、穂数、籾数、籾の重さを計測し、有効茎歩合、一穂平均籾数、千粒重を計算しました。
 iyo2410161.JPG iyo2410162.JPG iyo2410163.JPG iyo2410164.JPG


2017年10月14日(土曜日)

Geoアクティビティコンテストで最優秀賞

10月14日(土) 環境開発科2年の村井さんが参加しているG空間EXPO2017は3日目の最終日となりました。昨日行われたGeoアクティビティコンテストのプレゼンの結果発表があり、最優秀賞をいただきました。農家との活動やプレゼン、質疑応答を評価していただきました。今後も地道に研究に取り組みたいと思います。
iyo2410141.jpg iyo2410142.jpg iyo2410143.jpg iyo2410144.jpg


2017年10月13日(金曜日)

3年生のガーデニング

カテゴリー: - iyo14 @ 21時09分05秒

10月13日(金)環境開発科3先生のガーデニングがありました。この日は、松前町にある「ファンガーデン」を見学し、苗を購入しました。購入した苗は、金魚草、茎ブロッコリー、わさび菜、グリンピースでさっそく菜園に定植しました。また、ミズナを間引きし、ピーマンと青ダイズの枝豆を収穫して作業を終えました。
h291013-1.JPG h291013-2.JPG h291013-3.JPG h291013-4.JPG


G空間EXPO2017 Geoアクティビティコンテスト2日目

10月13日(金) 日本科学未来館で行われているG空間EXPO2017、Geoアクティビティコンテストは、10時から17時まで2日目の展示発表がありました。また、参加者16人が順番で8分のプレゼンをメインステージで行い審査が行われました。
iyo2410131.jpg iyo2410132.jpg iyo2410133.jpg iyo2410134.jpg


2017年10月12日(木曜日)

G空間EXPO2017 Geoアクティビティコンテスト1日目

10月12日(木) 測量部で環境開発科2年の村井さんが、日本科学未来館で行われているG空間EXPO2017、Geoアクティビティコンテストに参加しています。他の参加者は、大学や企業で、高校生は唯一です。開会式には、毛利衛館長も出席されました。10時から17時まで3日間、小間での展示発表と説明があります。
iyo2410121_1.jpg iyo2410122.jpg iyo2410123.jpg iyo2410124.jpg 


2017年10月11日(水曜日)

鹿野川ダム改修工事と臥龍山荘の見学に行ってきました。

カテゴリー: - iyo24 @ 17時30分00秒

10月11日(水) 環境開発科の1年生が「進路探求」の一環として、鹿野川ダムの改修工事と臥龍山荘の見学をしました。工事現場では、トータルステーションとバックホーを連動させることで、土工の管理を行っており、日頃の測量の学習が、どのように利用されるているかを学べました。臥龍山荘では、苔を主体とした庭を観賞し、造園に対する理解を深めることができました。見る人の視点や周囲の自然までも計算する、造園の奥深さを体感できました。2年次より、専攻学習となります。土木・造園に関する見学によって、進路選択の参考にします。
 iyo2410112.JPG iyo2410114.JPG iyo2410115.JPG iyo2410117.JPG


2017年10月10日(火曜日)

「モチミノリ」の籾すり

カテゴリー: - iyo22 @ 17時15分00秒

10月10日(火) 環境開発科3年生の環境類型の総合実習で、モチミノリの籾すりを行いました。1号水田は無農薬・無施肥5年目の自然栽培で、10月4日に刈り取り、脱穀、乾燥をしていました。もち米は色のムラをなくすために、乾燥後水分14%(普通のお米は15%ほど)あたりまで下げ、一晩以上寝かせ、全体の水分を均等にさせます。よく乾燥した籾を前回と同様、JGAPの基準に量り、調整、計量、袋詰めし、米倉庫へ格納しました。
IMGP0862.JPG IMGP0867.JPG IMGP0868.JPG IMGP0869.JPG


2017年10月8日(日曜日)

167回目のえひめふれあいの海辺

10月8日(日) 167回目のえひめふれあいの海辺が、環境開発科3年生12人、2年生15人、1年生4人、園芸流通科3年生1人、特用林産科3年生1人、卒業生4人、ボランティア情報を見て来られた方4人の43人で行いました。塩屋海岸から松前町側の重信川河口に漂着物が多く、持参した90リットルと45リットルのゴミ袋をほとんど使い切りました。6日にも河口清掃を行い、2日間で可燃ゴミ111.3kg(42袋)、粗大ゴミ42.9kg(5袋)、ペットボトル234.2kg(88袋)、缶・ビン51.2kg(14袋)、発泡スチロール28.2kg(22袋)の合計467.8kg(171袋)を回収しました。
h291008-1.JPG h291008-2.JPG h291008-3.JPG h291008-4.JPG


2017年10月7日(土曜日)

みどり保育所との交流ァ善親芦颪里手伝い〜

カテゴリー: - iyo22 @ 17時00分00秒

10月7日(土) 環境開発科3年生8名が、みどり保育所運動会の運営の補助を行いました。近年保育士が不足しており、是非、高校生にもお手伝いをしていただきたいとの要望もあり、募集人数よりも多い8名での参加となりました。運動会は園長先生の挨拶と、元気いっぱいの園児たちのエールから始まり、計15種目、盛りだくさんの内容であっという間に3時間が終わってしまいました。私たちも、園児の可愛さに終始笑顔。充実した、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。みどり保育所の皆さん、本当にありがとうございました。
H29-1007-midori1.JPG H29-1007-midori4.JPG H29-1007-midori5.JPG H29-1007-midori8.JPG


2017年10月6日(金曜日)

氾濫危険水位の痕跡をたどる

カテゴリー: - iyo14 @ 17時00分00秒

10月6日(金) 環境開発科2年生環境類型の総合実習で、戦後最高水位となった重信川の氾濫危険水位の痕跡を確認しました。左岸距離標0K/600(ゼロケーロッピャク)から0K/800(ゼロケーハッピャク)の高水位には、ヨシや流木が流れ着き、最高水位の場所にはペットボトルが帯状に残っていました。水位を確認後、みんなでペットボトルを回収しましたが、短時間で90リットルのゴミ袋が72袋も集まりました。この大量のペットボトルはどこから来たのでしょうか。
h291006-12.JPG h291006-11.JPG h291006-13.JPG h291006-14.JPG


空心菜の花

カテゴリー: - iyo14 @ 15時00分00秒

10月6日(金)  環境開発科3年のガーデニングが小雨の中で行われました。今年最後?と思われるピーマンとオクラを収穫し、ダイコンを間引きし、2年生から分けてもらって桜島ダイコンの種をまきました。菜園に見知らぬ朝顔のような白い花が咲いているのに気づき、株元を確認すると空心菜の花でした。調べてみると、空心菜は朝顔と同じヒルガオ科の植物ですので、花が似ているはずです。その後、レタスやサニーレタスの種まきをし、2年用にニンニクの鱗片をポットに植え付け、「踊り葉ボタン」の手入れをして作業を終了しました。
h291006-1.JPG h291006-2.JPG h291006-3.JPG h291006-4.JPG 


2017年10月5日(木曜日)

特別支援学級との交流会(環開)

10月5日(木) 環境開発科3年生12名が、伊予市内の特別支援学級の児童17名と交流会を行いました。私たち環境開発科班は、今が旬であるサツマイモの収穫を行いました。品種は「紅あずま」、「鳴門金時」の2品種で、たくさんのサツマイモを収穫することが出来ました。最後の閉会式では、「大きいサツマイモを収穫できてうれしかった」などの感想をいただき、私たちにとってもとても充実した時間となりました。
DSC_0001.JPG DSC_0004aa.jpg DSC_0006a.jpg DSC_0016.JPG


黒ダイズのエダマメ&桜島ダイコン

カテゴリー: - iyo14 @ 17時45分00秒

10月5日(木) 2学期2回目の環境開発科2年のガーデニングがありました。ナスはおそらく今年最後の収穫です。大変おいしいと評判の黒ダイズ、緑ダイズのエダマメを収穫し、サヤを切ってゆがける状態で持って帰ることにしました。また、足立さんのおじいさんが自家採取していた桜島ダイコンの種を播いてみました。この地域では販売していない貴重なたねで、どれくらいの大きさに成長するのか楽しみです。
h291005-1.JPG h291005-3.JPG h291005-2_1.JPG h291005-4.JPG


2017年10月4日(水曜日)

「もちみのり」を収穫しました!

10月4日(水) 環境開発科1年生が「農業と環境」の授業で、もちみのりを収穫しました。収穫はコンバインを使い、一人一人、操作の仕方を教えてもらいながらの作業となりました。使用するコンバインの注油にもJGAPの基準に則り、籾と接触する可能性のある箇所には、食品に接触する箇所で使用可能な食品機械用の潤滑油を使用しています。収穫した籾は、そのまま乾燥機に投入し、明日の朝まで乾燥させる予定です。
iyo2410041.JPG 
iyo2410042.JPG iyo2410043.JPG iyo2410044.JPG


2017年9月29日(金曜日)

3年生のガーデニング

カテゴリー: - iyo14 @ 17時15分00秒

9月29日(金) 環境開発科3年生のガーデニングが爽やかな秋空のもとで行われました。2mを超えたオクラ、まだまだ開花しているピーマンを収穫し、ミズナ、ダイコン、グリーンピースの種まきをしました。どの種子も農薬で種子コーティングされ、産地がニュージーランドやイタリア、アメリカであることに驚きました。また、葉ボタンは3号鉢に鉢上げしました。プラグトレイ→2号鉢→3号鉢と葉ボタンを植え替えることによって葉の数が増えることを松浦先生から教わり、一同納得しました。
h290929-1.JPG h290929-2.JPG h290929-3.JPG h290929-4.JPG


マメ科植物の種まき

9月29日(金) 環境開発科2年生が、総合実習の時間にマメ科植物の種子を水田にまきました。環境開発科の水田は無農薬・無施肥の水稲栽培を続けているため、マメ科植物に共生する根粒菌が空中の窒素を固定することに着目して、レンゲ、クローバー、カラスノエンドウの種子を自家採取しています。今日は、4号水田(自然栽培5年目)にはカラスノエンドウを、3号水田(自然栽培6年目)にはレンゲとクローバーの種子をまきました。
h290914-64.JPG h290914-61.JPG h290914-62.JPG h290914-63_1.JPG


2017年9月28日(木曜日)

氾濫危険水位を車窓から確認

カテゴリー: - iyo14 @ 17時00分00秒

9月28日(木) 環境開発科3年生の農業土木設計の時間に、台風18号で出水し、氾濫危険水位を越えた水位の痕跡をマイクロバスの車窓から確認しました。流木で埋め尽くされたゲートボール場や墓石が倒れた墓地など戦後最高水位に驚きました。河川敷や海岸に流れ着いた漂着物も多く、塩屋海岸のペットボトルを回収して帰校しました。なお、伊予農希少植物群保全プロジェクトチームは、公益社団法人食品容器環境美化協会のアダプト・プログラム助成を受けることが決定しました。
h290928-11.JPG h290928-12.JPG h290928-13.JPG h29928-14.jpg


2017年9月25日(月曜日)

「あきたこまち」の籾すり

9月25日(月) 「農業と環境」の授業で、1年環境開発科の生徒が水稲の籾すりを行いました。籾すりを行ったのは、本校、白水農場の3号田で栽培した「あきたこまち」です。3号田では、今作で自然栽培を始めてから6年目となりました。また、白水農場では、種籾を自家採取することで稲苗を生産しています。そのため、籾すりと並行し、選別機能のある脱ぼう機を使って、来年度のための種籾を確保しました。写真中の青いネットは、調整作業におけるコメの汚染リスクを低減させるために整備した防鳥用ネットです。G.A.Pに対応した施設環境を整えています。
iyo2409251.JPG iyo2409252.JPG iyo2409253.JPG 
iyo2409254.JPG


2年生のガーデニング

カテゴリー: - iyo14 @ 17時00分00秒

9月25日(月) 2学期は初めて、環境開発科2年のガーデニングの授業がありました。ナスやピーマンはまだまだなり続けていますが、トマトの支柱を片付け、ホウレンソウやダイコン、ミズナの種をまきました。先輩方が植えていたシンボルツリーのナシが枯れ、ブルーベリーに植え替えました。また、スカイロケットも弱ってきましたので植え替えることにしました。
h290925-1.JPG h290925-2.JPG h290925-4.JPG h290925-3.JPG


2017年9月23日(土曜日)

重信川の氾濫危険水位を科学する

カテゴリー: - iyo14 @ 16時00分00秒

9月23日(土) 環境開発科1年の泉さん、木本さん、臼杵さん、日野さん、渡辺さんの測量部員5人が、台風18号で出水した重信川の水位を測ってみました。学校で使用している電子レベルとバーコード式標尺を用いて、200mごとに設置している左岸距離標を使って、氾濫危険水位を超えた出水時の痕跡を探し高低差を測ります。途中、堤外地にある2カ所の墓地では墓石が倒れ、ゲートボール場も流木で覆い尽くされていました。また、「どこから来たのか」と思うペットボトルの量に驚きました。測定結果は重信川フォーラムで発表する予定です。
h290923-1.JPG h290923-2.JPG h290923-3.JPG h290923-4.JPG


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project    Theme designed by OCEAN-NET
copyright © 2009 伊予農業高等学校