メインメニュー
H29伊予農日記のカテゴリー
部活動

2018年2月24日(土曜日)

鳥類調査に参加

カテゴリー: - iyo14 @ 17時39分39秒

2月24日(土) 環境開発科1年生で測量部の日野さん、渡辺さんが日本野鳥の会愛媛が主催する重信川河口調査に参加しました。日程変更が2度あり参加できたのは2人でしたが、穏やかな天候のもと、左岸距離標0K/000付近から0K/200付近までの観察した鳥類を同定していきました。この日は、ヒドリガモ、オナガガモ、マガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、カルガモと6種類のカモ、ウミアイサ、ダイゼン、シロチドリ、メダイチドリ、ズグロカモメ、コゲラなど多彩な鳥類を観察することができました。
                                 


2018年2月20日(火曜日)

ドローン検定3級、合格率100%

カテゴリー: - iyo14 @ 17時00分00秒

2月20日(火) ドローン検定3級の合格証が全員のもとに届きました。合格したのは環境開発科3年の足立さん、菅原さん、2年の池田さん、常盤さん、村井さん、1年生の池見さん、臼杵さん、高野さん、徳永さん、中島さん、日野さん、吉岡さん、渡辺さんの13人で、初めて取り組んだにもかかわらず合格率は100%です。これで次回受験の弾みが付きました。
h300220-2.JPG            h300220-3.jpg


2018年2月19日(月曜日)

平成29年度「手づくり郷土賞」認定証授与式

2月19日(月) 伊予農希少植物群保全プロジェクトチームの生徒27名が平成29年度「手づくり郷土賞」認定証授与式に参加しました。「手づくり郷土賞」とは、地域活動によって地域の魅力や個性を生み出している良質な社会資本とそれにかかわった団体を表彰するもので、32回目の開催となる国土交通大臣表彰です。今回、平成16年度から14年間続いている重信川河口域の湿地環境保全の取組が認められました。現地視察の後、伊予市役所で市長の武智様よりお祝いの言葉をいただき、四国地方整備局次長永井様より認定証の授与がありました。素晴らしい賞をいただいたことに感謝するとともに、今後の活動に自信と誇りを持って取り組みたいと思います。
iyo24180219 (1).JPG iyo24180219 (2).JPG iyo24180219 (3).JPG iyo24180219 (4).JPG
iyo24180219 (5).JPG iyo24180219 (6).JPG iyo24180219 (7).JPG iyo24180219 (8).JPG


2年生のガーデニング

カテゴリー: - iyo14 @ 17時00分00秒

2月19日(月) 環境開発科2年のガーデニングがあり、ジャガイモを植え付けました。この日植え付けたのは、ピルカ、とうや、キタアカリ、デストロイヤー(グランドペチカ)の4品種で、大きな種芋は半分に切り、切り口を草木灰をまぶして植え付け、不織布を掛けて保護しました。初めて購入したデストロイヤーは、長崎県雲仙市の農場で突然変異として発見され、2000年に品種登録されたものだそうで、どんな味がするか楽しみです。
                                 


2018年2月16日(金曜日)

GAP認証の事例調査で三重県から来校

カテゴリー: - iyo14 @ 17時15分00秒

2月16日(金) GAPの推進に向けての事例調査で、三重県農林水産部農産園芸課の磯崎さん、JA全農みえの中川さん、JA三重中央会の澤木さんが来校されました。本校からは環境開発科2年生の池田さん、村井さんと、環境開発科の教職員3人が参加しました。内容は、
GAPに取り組むきっかけと経緯  GAPの指導体制
GAP認証取得の取組とその活用、効果  ず8紊亮菫畔向と課題など
でした。特に、JGAPの認証取得のために文章化、可視化し、さらに是正を受けた項目に注目されていたようです。三重県は今年度内に1つの高校と農業大学校がGAP認証に取り組むとお聞きしました。
h300216-2.JPG h300216-1.JPG h300216-3.JPG h300216-4.JPG


2018年2月14日(水曜日)

愛媛県GAPに挑戦

カテゴリー: - iyo14 @ 17時45分00秒

2月14日(水) 環境開発科が取り組んでいた農薬・化学肥料100%節減の「エコ愛媛農産物」について、今年から制定された愛媛県版GAPに切り替えるための申請をしていました。この日、環境開発科2年の池田さんも立ち会い、愛媛県農林水産部 農業振興局 農産園芸課 環境農業係 奈尾様、稲荷様を中心に、
/品安全を主な目的とする取組52項目 環境保全を主な目的とする取組47項目
O働安全を主な目的とする取組45項目 で清叛源差程管理の全般に係る取組32項目
の176項目について適用除外を含めて1項目ずつ聞き取りと文書確認をしました。その後、白水農場に移動し現地でも確認しました。176項目のうち指摘された是正項目は4項目だけでした。JGAPを取得し、今年はさらにJGAPサーベランス審査、グローバルGAPにも挑戦します。なお、本校の愛媛県GAPは3月16日が認証審査です。
h300214-111.JPG h300214-112.JPG h300214-113.JPG h300214-114.JPG


第21回重信川フォーラムに参加しました。

2月14日(水) 環境開発科1、2年生の生徒9名が「第21回重信川フォーラム」に参加しました。1年生の泉さん、日野さんが「重信川の氾濫危険水位を科学する」と題し、昨年の台風21号の被害状況の分析結果を発表しました。また、2年生の池田さん、金木さんが「希少植物群保全プロジェクトの14年間の歩みと今後」について発表しました。フォーラムの最後には、これまでの環境保全の取組を評価していただき、感謝状の授与がありました。この活動が多方面から評価されていることを再確認するとともに、今後も続く活動となるよう努力していきます。
iyo24180214 (1).JPG iyo24180214 (2).JPG iyo24180214 (3).JPG iyo24180214 (4).JPG


2018年2月13日(火曜日)

環境開発科の農業鑑定競技

カテゴリー: - iyo14 @ 17時00分00秒

2月13日(火) 環境開発科の農業鑑定競技校内大会があり、緑地類型は「造園」を、環境類型は「農業土木」に取り組みました。全国大会基準に準じて出題されましたが、造園では2年生の足立さん、農業土木では2年生の村井さんが最高得点でした。校内大会は6月にも新入生を加えた全学年で実施され、最高得点者が鹿児島大会の出場権を得ます。
h300213-12.JPG h300213-13.JPG h300213-11_1.JPG h300213-14.JPG


2018年2月10日(土曜日)

第11回(通算171回目)えひめふれあいの海辺を実施しました

カテゴリー: - iyo24 @ 17時00分00秒

2月10日(土) 今年度第11回(通算171回目)のえひめふれあいの海辺があり、環境開発科の有志生徒、卒業生、地域住民の方々で塩屋海岸の清掃活動を行いました。
前日の予報では降水確率90%と天候が心配されていましたが、清掃時間になると雨は上がり、「ふれあいの海辺に雨は降らない説」が立証される形となりました。今年度最後の「えひめふれあいの海辺」は3月10日(土)8:00〜塩屋海岸で実施予定です。当日は晴れると思います。14年間、塩屋海岸の清掃活動に尽力された玉井教諭の清掃納めとなりますので、多くの方々の参加をお待ちしています。
iyo24180210 (1).JPG iyo24180210 (2).JPG iyo24180210 (3).JPG iyo24180210 (4).JPG


2018年2月9日(金曜日)

G.A.P.認証取得の視察がありました

カテゴリー: - iyo24 @ 17時45分00秒

2月9日(金) 環境開発科が行っているG.A.P認証取得の取組を視察するために、中国四国農政局の方々が来校されました。チームリーダーの村井さん、池田さんが圃場を案内し、JGAP認証取得に向けての取組や、2018年9月に審査予定のGLOBAL G.A.P認証取得に向けての抱負等について説明しました。JGAP認証取得後、問い合わせや視察が相次いでおり、改めてG.A.P.認証の注目度の高さを感じています。
iyo24180209 (1).JPG iyo24180209 (2).JPG iyo24180209 (3).JPG iyo24180209 (4).JPG


2018年2月3日(土曜日)

えひめスーパーハイスクールコンソーシアムに参加しました。

カテゴリー: - iyo24 @ 17時00分00秒

2月3日(土) 「えひめスーパーハイスクールコンソーシアム」に環境開発科2年の村井さん、金木さんが参加しました。県内各地から集まった約1000人の中高生を前に農業科の代表として、ドローンを使った水稲の栽培管理と農産物の安全認証についての成果を発表しました。農業科という枠の中で発表を見聞きする機会が多い中、中等教育学校や普通科高校、商業科、工業科、家庭科等の専門学科の発表を聞き、視野を広げることができました。
iyo24180203 (4).JPG iyo24180203 (3).JPG iyo24180203 (1).JPG iyo24180203 (2).JPG


2018年1月30日(火曜日)

環境開発科の課題研究発表会

カテゴリー: - iyo14 @ 17時15分00秒

1月30日(火) 環境開発科3年生が1年間取り組んできた課題研究の発表会が2年生に対して行われました。発表テーマは、作品製作、資格取得、調査研究、環境学習の分野に、
ゝ榮眦,涼翊躡酊  造園技能士合格を目指して  2級土木施工管理技術者試験  し潅罎猟家調査(湊町・灘町)
シ潅罎隆儻調査  ε豕五輪・パラリンピック選手村に環境開発科で育てたお米を送るプロジェクト
流出カキ養殖資材回収活動  ┳惺珊垰用ゴミ箱の製作
でした。例年以上に高レベルの発表内容に2年生は真剣に聞き入っていました。なお、環境開発科の課題研究は3年生で週4時間行われます。
h300131-11.JPG h300131-12.JPG h300131-13.JPG h300131-14.JPG


2018年1月29日(月曜日)

2年生のガーデニング

カテゴリー: - iyo14 @ 17時00分00秒

1月29日(月) 環境開発科2年生のガーデニングが比較的穏やかな天候のもとで行われました。この日は、ジャガイモの定植用の菜園に、堆肥ともみ殻くん炭を入れて耕耘し準備をしましした。また、ブルーベリーのせん定、除草をし、ニンジン、パセリを収穫しました。
h300129-1.JPG h300129-2.JPG h300129-3.JPG h300129-4.JPG


2018年1月28日(日曜日)

手づくり郷土(ふるさと)賞国土交通大臣表彰発表

1月28日(日) 平成29年度手づくり郷土(ふるさと)賞の受賞発表が東京都の発明会館で行われ、測量部で環境開発科2年の村井さんが発表しました。これは14年間の重信川河口湿地の保全活動が一般部門の16団体に選定されたもので高校生は唯一でした。残念ながらグランプリには選ばれませんでしたが、会場の投票で決まるベストプレゼンがあと1票で次点でした。なお、授与式は2月19日(月)に伊予市役所で予定されています。
                                 


2018年1月22日(月曜日)

2年生のガーデニング

カテゴリー: - iyo14 @ 17時00分00秒

1月22日(月) 環境開発科2年生のガーデニングがありました。真冬の雨とあって、さすがに菜園に出ての作業はできません。温室の中で昨年、自家採取した青ダイズ、黒ダイズの選別し、今年播種用に取り置きました。また、菜園においていたオブジェに色を付け乾燥させました。暖かくなる春が待ち遠しい季節です。
h300122-1.JPG h300122-2.JPG h300122-3.JPG h300122-4.JPG


2018年1月21日(日曜日)

ドローン検定初挑戦

カテゴリー: - iyo14 @ 17時15分00秒

1月21日(日) 測量部を中心に環境開発科2年の村井さんや池田さんの2年生3人、1年生8人、コンサルタントに就職が決まっている3年生2人の13人が、今治市で行われたドローン検定3級を受験してきました。検定に備えて9月下旬の放課後1時間を利用して学習をはじめ、3級のテキストに掲載された162ある問題を、小テストを繰り返しながら理解していきました。受験風景は撮影できませんでしたが、解散式では、4ヶ月続いた学習を振り返りながら和やかに食事をして10日後の合格発表を待つことにしました。なお、このドローン検定は、国土交通省航空局に認定された民間企業が主催する検定で、今治会場の3級には22人が受験し、北海道から沖縄まで50の試験会場で一斉に行われました。
h300121-1.JPG h300121-2.JPG h300121-3.JPG h300121-4.JPG


2018年1月15日(月曜日)

2年生のガーデニング

カテゴリー: - iyo14 @ 17時15分00秒

1月15日(月)  先週までの寒波がうそのような穏やかな天候のなか、3学期最初のガーデニングの授業がありました。菜園の雑草を抜き手入れをした後、ニンジンやダイコンを収穫しました。また、昨年に続いて今年もジャガイモの芽出し栽培をすることにしました。これはジャガイモをポットにそのまま植え付け、発生した芽をすべて移植することで、‖腓さの整ったジャガイモが獲れること、芽欠きをしないため経済的に優れていることです。みなさんも試してみてください。
h300115-112.JPG h300115-113.JPG h300115-114.JPG h300115-111.JPG


2018年1月12日(金曜日)

みどり保育所との交流А船レーパーティー〜

カテゴリー: - iyo22 @ 17時00分00秒

1月12日(金) 環境開発科3年生が、みどり保育所の園児とカレーパーティー&お楽しみ会を行いました。
本日で7回目となった交流会も、今回で最後となりました。3時間という短い時間ではありましたが、園児たちも終始笑顔。最後まで時間いっぱい楽しんでもらうことができました。
H29-midori1.JPG H29-midori2.JPG H29-midori3.JPG H29-midori4.JPG


2018年1月9日(火曜日)

愛媛県GAP認証制度説明会に参加

カテゴリー: - iyo14 @ 17時00分00秒

1月9日(火) 測量部で環境開発科2年の村井さんが、愛媛県農林水産研究所で行われた愛媛県GAP認証制度説明会に参加しました。環境開発科では、平成29年度に、愛媛県特別栽培農産物等認証制度(エコえひめ)とJ.GAPの認証を受けており、平成30年度からスタートする愛媛県GAP認証制度にもスムーズに申請できると思われます。ただ、平成30年度はJ.GAPのサーベランス審査とグローバルGAPも控えており、愛媛県GAPへの申請は今後検討してみたいと思っています。
h300109-1.JPG h300109-2.JPG h300109-3.JPG h300109-4.JPG


2018年1月6日(土曜日)

170回目のえひめふれいの海辺

カテゴリー: - iyo14 @ 17時00分00秒

1月6日(土) 測量部が中心になって実施している「えひめふれあいの海辺」が、環境開発科3年生2人、2年生10人、1年生7人、卒業生5人、ボランティア情報を見て来られた方3人の28人で行いました。当日は強風で寒かったのですが、からだを動かすうちに温かくなり、1時間足らずで、漂着物258.3kg(65袋)、可燃物2.9kg(2袋)、不燃物2.3kg(3袋)、ペットボトル0.9kg(1袋)、缶・ビン0.8kg(1袋)の合計368.4kg(74袋)を回収しました。台風18号で漂着したゴミはまだまだ残っています。海岸や重信川河口ではハマウドが成長し始めました。
h300106-1.JPG h300106-2.JPG h300106-3.JPG h300106-4.JPG


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project    Theme designed by OCEAN-NET
copyright © 2009 伊予農業高等学校