R3伊予農日記

課題研究発表会(園芸流通科)

1月14日(金)、園芸流通科3年生がこの一年間、課題研究の授業で各々が取り組んでいた研究内容・結果の

発表会を行いました。自分たちの力でまとめたプレゼンは不出来な所もありましたが、この授業内外で一生懸命に

取り組んできたことが伝わってきました。

先輩たちの発表を聞いていた2年生は、今度は自分たちが課題研究を行う番です。今まで先輩方がやっていた研究の

後続研究であったり、新規に実施しようとする課題研究班もありました。また、来年のこの時期が楽しみですね!

農業と環境ミニプロジェクト(園芸流通科1年)その1

園芸流通科1年生は、3学期、農業と環境の授業でミニプロジェクトを実施しています。

ミニプロジェクトとは、班別に分かれて「自分たちで」課題を見つけて、「自分たちで」実験・研究するプロジェクトです。

今日は、ミニプロジェクト第1回目ということで、それぞれの班が冬休み中に計画したことを、実践していました。

写真はそれぞれの班の活動の様子です。また、途中経過を楽しみにしていてください!

ヴィーナスのスリッパ

 

食虫植物を思わせる、スリッパのような唇弁が特徴の洋ラン「パフィオペディルム」です。

別名「ヴィーナスのスリッパ」といいます。

生物工学科の温室できれいに咲いています。

※こちらのランは少数のため非売品です。

バイテク班、突然の〇〇〇デビュー

12月の冬休み実習で、自然薯の名産地・砥部町広田に、圃場見学に訪れた生物工学科バイテク班2年生。
広田に向かうバスの中で、衝撃的な事実を知らされます。
「実は今日、テレビ局から密着取材を受けます。」
ざわっ…。どよめくバイテク班2年生。いきなりの地上波出演決定に驚きを隠せないようです。

  

番組で、広田の自然薯栽培が特集されるとのこと。
苗の供給をきっかけに、広田と関わりを持つバイテク班の様子も取り上げてもらえることに。
感染症対策の観点から農家さんとの交流はありませんでしたが、圃場の見学や自然薯の試し掘りの許可をいただいたので、その様子をカメラマンさんが激写!

  

中にはインタビューを受けた生徒も。自分たちの活動や広田との交流の魅力をうまく伝えられるかな…と非常に緊張していたようですが、一生懸命、立派に答えてくれました。
無事役目を果たした後、広田の直売所にもお邪魔し、自然薯がどのように販売されているのかも視察させてもらいました。
大ボリューム・大寒波の中、来年度取り組む自然薯栽培やウイルスフリー苗の作出に向けての意識がしっかり高まったようでした。

豚は豚舎で丸くなる

冬は寒い(当たり前)。やはり豚も人肌(豚肌?)恋しいようです。
ご覧ください。七輪の上のお餅ではありません。生物工学科の豚舎内です。子豚です。

ぬくぬくです 下の方は大丈夫なのか どういう状況なんだ

コルツヒーターと呼ばれる照射型の暖房器具の下で身を寄せ合い、寒さを凌いでいます。
しかし傍から見るとお餅にしか見えません。下の方の子豚はこんな状態で寝られるのだろうか…。
流石に上に乗ったり丸くなったりするわけにはいかない成豚たちはこんな感じ。

一体感があります だ、誰だ!と言わんばかりの子豚たち 

…。何とも言えない表情ですやすやと眠っています。
あっ、起こさないよう静かに撮影していたのに気付かれてしまいました。即座にお餅の山は崩壊。
冷たい風がしみる今日この頃の実習ですが、こういう風景が見られると少しほっこりしますね。

冬休みがあと少しであることを察した子豚

はっ…!もうすぐ冬休みが終わる…!

巨大絵馬奉納式

12月21日(火)、本校美術部が、伊予市上吾川の伊豫岡八幡神社に巨大絵馬を奉納しました。

  

制作を担当した2年生を中心に、美術部員21名が奉納式に参加。
宮司さんによるお祓いや、総代会の方に感謝の言葉を頂いた後、無事に拝殿の正面に設置されました。

  

一つの作品を、誰かと協力して作り上げることや、
作品のこだわりや込めた想いを誰かに伝えることの難しさ、
一生懸命描いた絵を誰かに喜んでもらえるということ…。
この短期間で沢山の学びや気付きを得た美術部。
照れながらも新聞社さんの取材に真剣に答え、境内に飾られた絵画や御神輿なども鑑賞し、充実した半日となりました。
2022年も、自分の脳内にある素敵なアイデアを、世の中に沢山出力してくれることを願い、神社をあとにしました。
美術部の日頃の活動は、自己表現としての個人の制作が中心ですが、地元の方々の要請に応え、地域活性化のお手伝いをする貢献活動や仲間と協力しながらの共同制作を通じ、新たな発見とともに、意識と技術を高めていきたいと思います。

いろいろ役に立つ実習

「冬休みは学校が休み」というのは小・中学生までの話。「チャイムが鳴らないので朝から晩までやれます」ということで、普段はできない実習を行っています。

最初の写真は、クリスマス・お家の人にお肉をプレゼントしましょう、という実習が終わったところ(1年生)。途中の写真はありません。気付いた時には終わってました。残り4枚は、畜舎入口を舗装している実習(3年)。伊予農には、土木専門の先生や、「学生のころ左官のアルバイトした」という先生、見学をする先生などがいて、業者が施工するのと同等の仕上がりです(自慢)。これで、雨が降ってジュブジュブになり、靴が汚れるのが解消されます。

伊予柑収穫!

園芸流通科果樹班三年生が冬休み実習で、伊予柑を収穫しました。

斜面で収穫が大変ですが、寒さに負けずテキパキと作業し、すべての伊予柑を収穫し終えました。

1ヶ月程貯蔵した後、販売するのでお楽しみに♪

年末は忙しかったので・・・

12月18日(土)に愛媛大学農学部で「第1回 えひめの食農の未来とイノベーションシンポジウム2021」が開催されていました。が紹介するのを忘れておりました。

どうせ大学にいくらな見学もさせて~、という企画となり植物工場、農場、研究室など愛媛大学内を見学した後にシンポジウム参加となりました。本校から、パネリストとして土居さん(生物工学科)が登壇して発表しました。

今年も頑張ります!!

新年あけましておめでとうございます。昨年は伊予農を応援してくださり、ありがとうございました。今年も笑顔と感謝の気持ちを忘れず、いろいろなことにチャレンジしていきます。よろしくお願いします。

 

卓球部 第16回松山ジュニア卓球大会

令和3年12月25日(土)、北条スポーツセンターにて上記大会が開催されました。男子二部は、1年生鎌田と河端が予選リーグを1位通過し、1位トーナメントで鎌田が優勝、河端は初戦で敗れました。梶野は予選リーグで2位通過しましたが2位トーナメントは初戦で敗退しました。女子1部は、2年生小筏が2位通過し、2位トーナメント準優勝でした。女子二部は山田と松浦が3位通過し、3位トーナメントで山田が優勝、松浦が初戦で敗退しました。北条まで送り迎えをしていただいた保護者の皆様に御礼申し上げます。

冬休みでも休まず実習!(園芸流通科1年)

待ちに待った冬休みですが、本校圃場を覗くと、園芸流通科の1年生が実習をしていました。

1年生はそれぞれ「野菜」「草花」「果樹」の三つの班をローテーションして実習を行っています。

本日の野菜班はハウストマトの収穫とその片付け、草花班はカーネーションの鉢上げを、果樹班はミカンの収穫をしていました。肌寒い日が続いていますが、みんな一生懸命、実習に取り組んでいました。

体調には気を付けて、残りの実習もこなしていきましょう☆

生活科学科3年生食物班「課題研究」

  生活科学科3年生食物班は、伊予市学校給食センターと連携して、給食献立のメニューの考案を行っています。今年度は食物班6人全員のレシピが採用され、伊予市の小中学生にたくさんの「おいしい」を届けることができそうです◎本日は「ふわっとカリッとツナマヨソテー」が提供され、私たちも給食センター見学、試食に伺いました。久しぶりの給食~そして、私たちが考えた給食おいしかったです。愛媛朝日TV、広報いよしの取材も受けました。
  

生活科学科2年生「子どもの発達と保育」

 生活科学科2年生の「子どもの発達と保育」では、例年ならば、保育所訪問を通して、子どもたちとの交流を図ります。しかし、最近はコロナ禍により、保育所訪問ができていない状態です。そこで、私たちは、フェルトを使ったおもちゃを作り、近隣の保育所にプレゼントしたいと考えました!喜んでいただけるよう、丁寧に作ります◎
 

巨大絵馬制作プロジェクト

神様へのお願いごとや、願いが叶ったお礼に奉納する「絵馬」。
本校美術部が、伊予市上吾川の伊豫岡八幡神社に巨大絵馬を奉納するプロジェクトが発足し、
2年生が担当することになりました。

  

モチーフはもちろん来年の干支「寅」。
普段の制作活動は己との勝負!自分の表現したいものを一人で作り上げていますが、今回は2年生全員による合作!初めての体験に悩みながら、試行錯誤しながら全員で協力して毎日コツコツと制作してきました。
また、絵馬に書く「奉納」などの文字はどうしよう!と困っていたところ、
書道部が協力してくれることに!
部長さんが、とても素敵な字を書いてくれました。

  

そんな絵馬ですが、この度めでたく完成! …ということで、伊予市役所の方が取材に!
なんと、来年1月の「広報いよし」の表紙を飾ります。ぜひご覧ください!!!!

初めての販売実習

生物工学科バイテク専攻は、販売実習が基本的にありません。
販売実習がしたい皆さんごめんなさい。
え?なんで?植物を培養して苗を作っているんじゃないの?と、思われるかもしれません。
培養したランの苗は、同学科の草花班に提供し、草花班が育てて販売をします。
ウイルスフリー化したジネンジョの苗は、ジネンジョの名産地・砥部町広田の農家さんに供給されています。
だから、自分たちで売らないんです。残念ですが販売実習はありません…
ありません…が!

普段は白衣を着ていますが、計測中です 普段は白衣を着ていますが、袋詰め中です 買ってくれるかな…

バイテク班3年生は、広田の農家さんとの交流をきっかけに、ジネンジョ栽培に取り組んでいます。
この度めでたく収穫できたため、ジネンジョはもちろんのこと生物工学科の特産品を、懇談会の期間に校内で販売することになりました。
バイテク班念願の販売実習です!
…と思いきや、初めての営業活動になかなか苦戦している様子。
自分たちが作ったものとはいえ、その魅力を上手にアピールするのは難しい…!
苗生産の先にある、沢山のことを学んだようです。

(お客さん来ないんだが…) 校内大会で一躍有名に(?) やった!最後の一つが完売だ!

それでもめげないのがバイテク班。
農業クラブ校内大会でも話題になったバイテク班のジネンジョは、ありがたいことに完売しました。
来年度は、更に高品質なジネンジョの収穫を目指して頑張ります!

マイスター講習会 菓子製造職種の技術講習会(和菓子に挑戦!)

食品化学科2年生対象に、日頃からの知識や技術能力アップを目的とする「マイスター講習会」を愛媛調理製菓専門学校の先生を講師に迎え、和菓子講習会を行いました。さつまいもを使用した金時饅頭喜ぶ・デレをプロの講師から丁寧に教えていただき、必要な知識や技術を学び、貴重な体験ができ、楽しく活動できました。

寒い季節の温かい命

去る命あれば、生まれる命あり…
12月の生物工学科畜産専攻は、出荷に出産に大忙しです。
寒空の下、温かい命が誕生しました。

  

たくましく元気に育て!
それではお待たせしました、可愛い子豚たちの写真をお楽しみください。

  

ナイスショットの在庫はまだまだあります。今後の伊予農日記にご期待ください。

生活科学科2年生「ホームルーム活動」

 生活科学科2年生、今週のホームルーム活動の主題は、「2学期の反省と冬季休暇の計画」でした。班で2学期の反省を話したあと、年越しそば・うどんを作って食べました。また学年主任、担任、副担任からの諸注意も聞き、冬休みの過ごし方についても考えました。
  

生活科学科2年生「フードデザイン」

 生活科学科2年生の「フードデザイン」で「クリスマスの献立(鶏肉のなべ照り焼き・コーンスープ・ミモザサラダ)」を作りました。一足早くクリスマス料理を堪能できました★
  

表彰伝達・合同役員任命式・終業式

12月20日(月)に表彰伝達・合同役員任命式・終業式が行われました。終業式では、少数派の気持ちを想像する意識を大切にして日々を過ごし、多くの人から頼られ信頼される人に成長してほしいとの式辞がありました。

  

 

旬の野菜採れました!

生物工学科1年生が栽培している野菜を収穫しました。

今が旬ですね!味のしみ込んだおでんやお鍋でどうでしょうか??

 

佐礼谷小学校との交流会

 天気にも恵まれ、風もなく絶好の交流日和となりました。佐礼谷小学校の3・4年生5名と食品化学科2年生食品製造A 班12名の交流学習会を鳥の木農場で行いました。

 大きく成長した秋冬野菜収穫を行いました。まず、大根です。

 高校生と一緒に大きな大根を一生懸命「よいしょ、よいしょ」と引き抜き、抱えきれないくらいの大根を見て感動し、とても嬉しそうにしていました。続いて、ブロッコリーやキャベツの収穫も行いました。

 その後、秋冬野菜についての学習会を行いました。生徒たちが作成したパネルを使って、野菜についてのクイズを出し、答えてもらいました。

 1時間の交流活動でしたが、あっという間に過ぎ去るような楽しい時間となりました。

 佐礼谷小学校3・4年生の皆さん、2回の交流学習会ありがとうございました。

 来年もまた、やりましょう!楽しみにしています。

生活科学科2年生「ホームルーム活動」

 生活科学科2年生の今週の「ホームルーム活動」の主題は、「クラスの親睦」でした。担当班が企画し、クリスマス会を実施しました。学年主任や副担任の先生にも来ていただき、サンタさんになっていただきました★クリスマスやお正月に関するクイズ大会、クリスマスプレゼント交換をしました。楽しい1時間になりました。
  

高校生全国パンコンテストに向けて始動!!

 第16回 高校生全国パンコンテストに、本校食品化学科3年 矢野亜沙・渡邊光輝の2名が、カリフォルニア・レーズン部門の予選を勝ち抜き、2022年1月22・23日、静岡県で開催される大会への出場権を獲得しました!!

 応募総数425人中の25名に選ばれ、本選参加の18名に選ばれました!!!  おめでとう!

 今日から、大会に向けて本格的に練習が始まりました。まだまだ、試行錯誤しながらの挑戦ですが、本番でベストなパンが作れるよう、努力を重ねていきたいと思います。食べて頂いた方を笑顔にできるパンを目指し、頑張ります!

 

生活科学科3年生「リビングデザイン」

 生活科学科3年生の「リビングデザイン」では、「ミニクリスマスツリー」を製作しています★クリスマスに間に合うかな・・・(笑)とてもかわいいので、できあがりが楽しみです★★★
  

生活科学科2年生「子どもの発達と保育」

 生活科学科2年生の「子どもの発達と保育」で、保育検定(造形表現技術)3級を受検しました。保育検定(造形表現技術)3級は、「40分間でテーマに合った折り紙を5個以上折り、描画を完成させる。」ものです。集中して検定に取り組むことができました。
 

もう い~くつ 寝~る~と 〇〇〇

生物工学科1年生の今年最後の総合実習(草花)は多肉植物門松づくり。

先週、別の班がにペイントしてくれた素焼き鉢に、3年生の先輩たちと先生がちょうど良いサイズにカットして高さまで調整した下三谷農場産のをセットし、葉ボタンや松に見立てた多肉植物を配置して、完成しました。

今週の保護者懇談会の際に、お求め頂けます!

柔道四国新人大会

 12月11日(土)、12日(日)に愛媛県武道館で行われた、第3回四国高等学校柔道新人大会に2年生関谷君が愛媛県の代表として出場しました。惜しくも香川県の選手に敗れましたが、気迫のこもったすばらしい内容でした。これからの活躍にも期待されます。

2年生クラスマッチ②

 2年生クラスマッチの様子です。本校のクラスマッチは、全体での諸注意・準備運動の後、各競技に分かれて、体育の先生方から、詳しいルール説明が行われます。そのため、気持ちの良いプレーがたくさん見られます★教頭先生や学年主任からのお話もあるため、気持ちを切り替えて午後からの授業に取り組むことができます◎
   

  

  

令和3年度合同役員選挙&主権者教育

本校では、生徒会・農業クラブ・家庭クラブの役員選挙を、合同で行っています。

12月10日(金)に選挙管理委員会の生徒を中心にリモートでの配信にて実施しました。立候補者は計36名で、全員が伊予農を良くするために、真剣に考えた公約を述べ、無事投票も終えました。緊張感いっぱいの立候補者のみなさん、お疲れさまでした。

 また、3年生の中には選挙権年齢に達した人もいます。そこで、3年生は主権者教育の一環として、伊予市選挙管理委員会からお借りした投票箱や台を使い、本番さながらの雰囲気の中、全員が体育館で投票を行いました。

 運営に携わってくれた、選挙管理委員会のみなさんも、お疲れ様でした。

性教育講話を実施しました!

1年生を対象として、中予保健所から来ていただいた医師の影山先生に『性感染症とその予防』をテーマに性教育講話をしていただきました。生徒は熱心に講師の先生のお話を聞いていました。

  

今年最後の特用林産科(2年生)の総合実習の様子

特用林産科の2年生が実習を行いました。菌床班は、明日他校の文化祭で販売されるヒラタケの出荷準備をしました。

ヒラタケの出荷準備

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木工班は、チェーンソーと斧を使って薪を作りました。新田教諭の安全指導を受けながらの実習でした。

薪作り① 薪作り②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

干し柿も少しずつ甘くなっています。

干し柿

心機(器)一転

農業なのに、白衣を着て植物を増殖していると噂の生物工学科バイテク専攻。
そんなバイテクの植物組織培養には欠かせない「クリーンベンチ」がこの度新しくなりました。
  
無菌空間を作り出してくれるこの優れものですが、より安全で、効率よく作業ができるようにパワーアップ!植物の培養瓶に菌が入り込むのはご法度なので、これで安心して、より一層実習に励むことができますね…
    
ん?
何やら不安そうな面持ちの生徒が…。ちょっと話を聞いてみましょう。
使用感はいかがですか?
「まだ慣れないけど、安全に準備ができるようになったし、作業しやすいです。だけど…」
だけど?
「だけど、もしこれで培養しているものにカビが生えたら、僕の作業や技術力に問題があるってことじゃないですか~~!!」
ゴ、ゴホン。心機(器)一転、頑張っていきましょう。

農業クラブ各種発表校内大会

12月2日(木)に各種発表校内プロジェクト発表では11本の発表が、意見発表では18人の発表がありました。審査結果が楽しみです。

  

 

国際教育生徒研究発表会

12月3日(金)にIYO夢みらい館で国際教育生徒研究発表会が開催されました。本校からも意見発表の部と研究発表の部に参加するとともに、会の運営に携わりました。

   

 

生物工学科といえば「ラン」ですが…

生物工学科の草花専攻と言えば、高級花のランを育てている!

かわい~

…というイメージを持たれている方も多いのでは?実はそれだけじゃありません。
1・2年草の花を栽培して地域との交流や体験学習に利用したり、
希少な菊の保全活動を行っていたり、ブラジルの花?!(詳しくは今後の伊予農日記で!)を広める活動をしていたりと、大忙しなのです。
今回、1年生の総合実習では多肉植物の寄せ植えにチャレンジ!

どれにしようかな かわい~~真剣に作業中

どの多肉を選ぶのか、どう配置するのか、鉢は何色にするのか…。
同じ実習内容でも、一人ひとり違う味わいの作品に仕上がるところが面白いですね。
世界に一つだけの寄せ植えが完成しました!

アドバイスを受けながら、いい作品に仕上げていきます かわい~~~

多肉植物は、「葉挿し」で増やすのが主流。
バイテク専攻で勉強している、植物の「分化全能性」を身近に感じられる植物です。
色んなものに関心を持って、視野を広げていきましょう!

食品化学科 日本農業新聞に掲載されました(「日本農業新聞」2021年11月25日木曜日付)

 現在、伊予農業高校食品化学科、食品化学班では、小学生を対象として、”農業の魅力”を伝える教育コンテンツの開発を行っています。
 私たちは、誰でも簡単に水耕栽培ができる「水耕栽培キット」や「極小植物工場」を開発しました。植物工場の認知度向上や農業の魅力を伝える活動を行っています。


(「日本農業新聞」2021年11月25日木曜日付    許諾済)

草かんむりに米が高いと書く

生物工学科の「農業と環境」で、これまでやったことのない藁(わら)の加工に挑戦しています。

以前刈り取った藁を使って「正月の飾りを作ってみよう」という意気込みで実習を行っています。

生活科学科3年生「フードデザイン」

 生活科学科3年生の「フードデザイン」で、「クリームコロッケ・コンソメスープ・パウンドケーキ」を作りました。クリームコロッケははじめて作った生徒も多く、難しかったです。
 

掘り出せ!山の宝

おやおや?何やら地面をひたすら掘り続けているのは生物工学科3年バイテク班のようです。

慎重に、丁寧に、大事なものでも埋まっているかのような手つき…もしかして遺跡の発掘調査ですか?!

トレジャーハンター出動 「この下にお宝が埋まっているんですね?!」 「お宝が!!!!!!!!!!!」

違いました。どうやら高級食材ジネンジョの収穫作業をしているようです。

遺跡ではありませんでしたがお宝には違いありません。1kg3,000円で取引されているとの噂も…

ジネンジョの名産地、砥部町広田の自然薯組合の農家さんに、作出したウイルスフリー苗を提供しているバイテク班。

普段は白衣を着てクリーンな環境で植物の培養をしていますが、「現場」を知ることもとても大切です。

折れませんように…折れませんように… 折れませんように…折れませんように… マスク越しでもわかる満面の笑み

雲一つない青空の下、沢山のジネンジョを収穫することができました。

1kg級のものが掘り出せたときは、思わず「おおー!」と歓声が。

通りすがりの方からすれば、やはり遺跡の発掘に見えたことでしょう…

2学年「科目選択説明会」

 「科目選択説明会」が開かれ、2年生が来年度に向けて、科目選択の留意点を聞きました。もう2年生の11月も終盤!時の流れの速さを感じています。保護者の方々、先生や先輩に相談して科目決定しましょう。
  

林業事業体就業説明会(特用林産科2年生)

 11月18日(木)の午後14:00~16:00に本校会議室で特用林産科2年生を対象とした「林業事業体就業説明会」が開催されました。(写真は説明会の様子)

 林業に従事されている若年就業者5名と9つの事業所の方々から仕事の内容について直接お話を伺いました。仕事での苦労や喜びを聞くことができ自分たちの将来について想像を膨らませることができました。また、どの方も「地球環境」や「SDGs」のことについて話されており、とても使命感の高い仕事だということも分かりました。

 主催してくださった愛媛県林業労働力確保支援センターの皆様、来校して説明してくださった事業所の皆様、若年就業者の皆様ありがとうございました!

林業労働力確保支援センター長の話  企業の方の説明の様子①  企業の方の説明の様子②

生活科学科3年生「リビングデザイン」

 生活科学科3年生の「リビングデザイン」では、インテリア(内装材)の学習の一環で、ミニハウスを製作しています。まだ途中段階ですが、箱に床材、内装材、天井材を貼り、各自のテーマに合った内装を仕上げています。
  

生活科学科2年生「フードデザイン」

 生活科学科2年生の「フードデザイン」で、「クルウロウ(酢豚)・チンタンシュイレン・バントウヤ」を作りました。来年度受検する食物調理技術検定1級に向けて、専門的な献立を学んでいます。
  

名前はソニア。伊予農で飼われることになった。

鶏舎に新しい鶏がやってきた(購入した)。実習でケージに入れる作業を紹介します。ピンク色に近い卵を産むソニアという品種です。

作業を行ったのは3年生畜産専攻生。

いい感じに収まりました。これからどんどん卵を産むことでしょう。

 

生活科学科「農業祭~学科展~」

 生活科学科の農業祭「学科展」の様子です。農業・家庭科の授業の様子、授業で製作した作品を展示しました!生活科学科での学習が楽しいことがよく分かります♪
     

 

卓球部女子 愛媛県高等学校新人卓球大会

11月13日(土)、14日(日)、宇和島市総合体育館にて、令和3年度愛媛県高等学校新人卓球大会が開催されました。本校からは、女子団体と女子シングルスに出場しました。13日のシングルスは、2年生小筏が出場しましたが、1回戦で南宇和に1-3で敗れました。14日の団体戦は、1回戦松山南高校と対戦し1-3で敗れました。部員不足の中ではありましたが、あきらめずに最後まで戦い抜くことができました。来年度の総体に向けてさらに実力を身に付けたいと思います。遠く宇和島まで応援に来ていただいた保護者の方々に御礼申し上げます。

生活科学科2年生「ホームルーム活動」

 生活科学科2年生の今週の「ホームルーム活動」は「意見発表クラス大会」でした。7名の人がクラスメイトの前で分かりやすく自分の体験を発表しました!全員がクラス代表になってほしいくらい、すばらしい発表でした★
  

生活科学科2年生のホームルーム教室

 生活科学科2年生の教室は、ハロウィンが終わり、もうクリスマスです。クラスの模様替えは、朝早く登校する生徒が有志で行っています。ホームルーム班で書いた「好きな花」も順番に飾っています。今週は、11月なのに「ひまわり」。温かさを感じますね~毎日の学校生活、楽しいです♪
  

令和3年度 農業祭 3年生の部 !!!

 待ちに待った、3年生の部農業祭が行われました!3年生新型コロナウイルス感染症の影響で、各種行事や大会が中止・縮小になり、寂しい思いをしているため、今日の農業祭は全力で楽しんで欲しい・・・と強く願っていました。

 その思いを分かっているかのように、今日の3年生はみんな爽やかな笑顔で、説明や販売の接客をしていました。保護者の方も、2年ぶりの農業祭を楽しみにしておられたようで、生徒の説明や会話・商品の購入を楽しんでいる様子が伺えました!その姿を見て、今年農業祭が出来て、本当に良かった・・・と思える1日でした。

 3年生は、プロジェクトの説明や商品説明、販売など、自分たちが3年間やってきたことなので、自信を持って語りかけてくれました。さすが3年生です!頼もしく成長してくれています。私の、突撃インタビューにも快く応じてくれました。ありがとう!!

 昨日・今日、農業祭に参加してくださった保護者の方、本当にありがとうございました。まだまだ、感染症との戦いの日々ですが、私たちもより良い農業祭目指して、更に精進致します。ご協力、ありがとうございました。

 

生活科学科3年生「フードデザイン」

 生活科学科3年生の「フードデザイン」で、「鶏肉のたつた揚げ・沢煮わん・桜餅」を作りました。2週連続の和食で、今週はきゅうりの蛇腹切りにも挑戦し、包丁さばきの腕も上がりました。
 

令和3年度 農業祭 2年生の部 !!

 午後からは、2年生とその保護者の方のみの入場となりました。

 2年生は、昨年は学習展示会のみだったので、今年が初めての販売です!心なしか、みんなの顔が晴れ晴れと見えるのは、私だけでしょうか?販売の声にも力がこもっており、活気あふれる農業祭になっています!

 保護者の方も、熱心に我が子がやっている授業内容の説明を聞いたり、初めての物品販売で楽しそうに買い物をしている姿をみると、私たちも楽しくなってきました。今年は、学年別開催ですが、販売もでき場所も変更して良かった・・・と思える農業祭です。販売や説明を終え、下校している生徒の顔も、達成感あふれる充実した顔になっていました!!

 1年生よりも、ひとつ先輩だけあって自信あふれる説明やセールストークに、私たちも自然と顔がほころびました。

いよいよ明日は、3年生です。3年生は、どんな活動をしてくれるか、とても楽しみです!!! 

令和3年度 農業祭 1年生の部 開幕!!

「 伊予農魂 ~農への感謝を真心で~ 」のテーマのもと、各ご家庭1名の参加のもと、2年ぶりに展示・販売を実施しました。心なしか、みんなの顔も生き生きとしています。悪かった天候も、みんなの笑顔で晴天へと変わりました!

 私たち1年生撮影隊は、未経験者ではありますが、有志が集まり実施しました。何度か練習を繰り返し、いざ本番!

伊予農のこと、農業祭のことを、一人でも多くの方に知っていただくために、プランを練って撮影に取り掛かりました。

撮影隊の名前は、「それいけ 伊予農班」です。

 みんなで、気合い入れをしてスタート!生徒や先生方、保護者の方にもインタビューし、みなさん快く応じてくださいました。うまく撮れなかったかもしれませんが自信をつけることができる撮影になりました。このVTRが一人でも多くの方に伝わりますように!

生活科学科2年生「ホームルーム活動」

 生活科学科2年生の今週のホームルーム活動の主題は「卒業生の進路研究」でした。卒業生からのメッセージを聞き、保護者のアンケートの結果を考察しました。進路に悩んでいる生徒が多いですが、保護者や先輩方のアドバイスを聞くことができ、ヒントを得られたようです!
  

全日本バレーボール高等学校選手権大会中予地区代表決定戦

 11/6(土)に県総合運動公園、7日(日)に伊予高校で開催されました全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高バレー)中予地区代表決定戦において、男子バレーボール部は1次予選(6日)において、初戦を愛光学園と対戦し(25-19,25-22)で下し、次戦に松山北高校と対戦。(11-25,10-25)で敗れました。
 2次予選(7日)は初戦が対戦校棄権により不戦勝、次戦を松山聖陵と対戦。ここで勝利すると県大会出場というところでしたが、接戦の末(33-35、20-25)となり敗退しました。
 この試合が3年生最後の試合となりましたが、3年生をはじめ、全員が全力を尽くして戦うことができたため、大変充実したものとなりました。来年の総体に向けて、さらにレベルアップできるよう、練習に励んで参ります!

生活科学科食物班「乾しいたけ料理コンテスト」に挑戦!

 生活科学科食物班は毎年、「乾しいたけ料理コンテスト」に挑戦しています!今年度は生徒6名、教員1名がエントリーし、書類審査を通過した國松さんと藤川教諭が、11/7(日)に行われた試食審査会に出場しました。國松さんが入賞、藤川教諭がグランプリに輝きました。今後もレシピ開発に励みます★
   

 

生活科学科3年生「フードデザイン」

 生活科学科3年生の「フードデザイン」で「ビシソワーズ・フライドフィッシュ・ババロア」を作りました。初めて「ビシソワーズ」を食べた生徒も多かったですが、おいしくオシャレに調理できました!
 

生活科学科食物班~おいしい給食を届けたいよ◎~

 生活科学科食物班では伊予市学校給食センターと連携して、給食献立の考案をしています。10/29、第2回ミーティングを行い、栄養士の先生方に、私たちが考案したメニューについてプレゼンしました。いただいたアドバイスをもとに、再度試作に励み、メニュー化を目指します。
 

生活科学科2年生「ホームルーム活動」

 生活科学科2年生の今週のホームルーム活動の主題は「農業祭を成功させよう」、農業祭のクラス展示の準備を全員で行いました。当初の計画よりもたくさんの展示物が完成しそうです!皆さんの団結力に担任は感動しています★
 

特用林産科(2年生)の総合実習の様子

 農業祭を1週間後に控え、特用林産科生徒の総合実習もその準備の真っ最中です。

左上の写真①は、ヒラタケの収穫の様子です。

右上の写真②は、菌床に水を満たして一時的に無酸素状態にすることで菌の生命力を高める「菌かき」という作業です。

左下の写真③は、木工の実習で各生徒がコロコロ迷路を製作中です。果たしてビー玉はゴールまでたどり着くか…。

右下の写真④は、チェーンソーを使用してベンチ作りをしています。安全第一で実習しています。

写真①ヒラタケの収穫の様子

写真②菌かきの様子

写真③コロコロ迷路 写真④ベンチ作り

農業祭が楽しみです。特用林産科の展示ブースにもぜひお越しください。

昭和初期を体験

以前稲刈り(手刈り)して、稲木にかけていた「ヒノヒカリ」の脱穀です。ガラガラガラと音がします。

今回のポイントは「足踏み脱穀機」の使用です。リズムが大切です。近所の人が「なつかしい~」と声をかけてくれます。そして、「唐箕」で選別した後、「籾摺り機」で玄米にしました。唐箕と籾摺り機は電気で動くタイプを使用したので昭和というより平成です。

令和3年度愛媛県高等学校新人卓球大会中予地区予選会男子

10月30日(土)、31日(日)、北条スポーツセンターにて上記大会が開催されました。男子団体戦は、2回戦松山南高校と対戦し、前半リードしましたが2対3で惜敗しました。レギュラー全員が1年生ですので、来年度以降さらに練習をして臨みたいと思います。個人戦は、1年生鎌田と河端が3回戦まで勝ち上がりましたが、県大会出場はなりませんでした。

令和3年度愛媛県高等学校新人卓球大会中予地区予選会女子

10月30日(土)、31日(日)、北条スポーツセンターにて上記大会が開催されました。女子団体は、1回戦上浮穴に3-0で勝利しましたが、2回戦第2シードの松山北に1-3で敗れベスト8で県大会に出場を決めました。個人戦は、2年生山田が代表決定戦まで勝ち上がりましたが済美高校に敗れました。同じく2年生小筏は、5回戦まで勝ち上がりベスト16で県大会に出場します。会場まで送り迎えをしていただいた保護者の皆様、団体メンバー不足を助けていただいたクラスメイトに感謝いたします。県大会は11月13日(土)14日(日)に宇和島市で開催されます。

 

生活科学科1年生「家庭総合」

 生活科学科1年生の「家庭総合」で、食物調理技術検定3級の練習をしました。1人で「野菜と鶏肉の煮物・果汁かん」を制限時間40分で作ります。手際よく実習できました。検定まで練習はあと1回・・・反省点を生かして頑張ります★
 

間引きって何ですか?

職場見学に作業服で行った1年生。遅れていた間引き作業を行うチャンスだったので、バスから降りてそのまま浜田実習地に向かわせました。疲れていると思ったので「ダイコンの間引きをします。2本のうち1本を残して1本にしましょう」と作業を開始したのですが・・・しばらくして、「2本とも抜けてしまった」「1本に見えたけど2本あった」と怪しい声が聞こえ始め、ついには「間引きって何ですか」・・・・。すでに全部抜かれている。

間引き=収穫 ではないということが分かった実習となりました。

生活科学科2年生「農業祭の準備」

 生活科学科2年生は、農業祭のクラス展示をします。「Photo Spot #2525」と題して、写真映えスポットの制作、小物の製作をしています。ぜひ、生徒の皆さんは当日、タブレット端末やカメラで撮影をしてください!保護者の皆さんもたくさん写真撮影してくださいね。
   

家庭クラブ講習会

 10/22(金)、家庭クラブ講習会を行いました。講習会のテーマは「ハロウィン フェアリーケーキ」です。たくさんの生徒が参加し、とても楽しい講習会になりました。次は12月のクリスマス講習会★テーマは何にしようかな~♪
  

生活科学科3年生「課題研究(食物班)」

 生活科学科3年生食物班は、ウェルピア伊予と連携し、レストランメニューの考案やウェルピア農園の管理をしています。10/22(金)、ウェルピア伊予の職員さんと一緒にウェルピア農園の「さつまいも」の収穫をしました。この「さつまいも」はプレミアムバイキングのチーズフォンデュやランチバイキングの天ぷらに使用されます。
   

生活科学科2年生「ホームルーム活動」

 生活科学科2年生の「ホームルーム活動」、今週は人権映画鑑賞会でした。動画を視聴し、各自が人権についての自分の思いや考えを作文に書きました。生徒の皆さんの優しさや素直さが表れた作文に、担任は感無量です!
 

ウンシュウミカン収穫開始!!(園芸流通科1年生)

朝、夕が寒くなってきて、ミカンが美味しい季節になってきましたね。

そんな中、10月19日(火)に伊予農業高校下三谷農場で園芸流通科1年生がウンシュウミカンの収穫を行っていました。

二度切り?サイカバサミ?聞きなれない言葉も多くありましたが、しっかり・丁寧に収穫していました。

自分たちが収穫したミカンが出荷されるのが楽しみですね!!

 

秋だ!合鴨米だ!収穫だ!

やる気です干してますコンバインに挑戦です 

やる気です稲刈りもこれで最後これがあの有名な“落穂拾い”…

 

青き衣(実習着)をまとい金色の田に降り立ったのは、生物工学科の1年生たち。

合鴨たちと育ててきた、自慢のヒノヒカリをいよいよ収穫です!
まずは手に鎌を持ち、丁寧に刈り取っていきます。言うまでもなく地道な作業…、
しかし、自分たちの手で育てたものを、自分たちの手で収穫する…となると、なんだかやる気が出てきます。
収穫したものの一部は稲木干しに。稲作の奥深さを体験です。
3年生は手刈りに加え、コンバインでの刈り取りに挑戦しました。
1年生にとっては初めて、3年生にとっては最後の稲刈り。
様々な想いが交錯する生物工学科の一大仕事が無事終了しました。
美味しいと噂(?!)の合鴨米、今年もいよいよお披露目です!

大阪のおばちゃん?!食パン 焼いたで~(3年総合実習)

今日は、前から作ってみたかったアニマル食パンに挑戦してん。

大阪のおばちゃんといえば、アニマル柄!ちゅうことで、その名も「大阪のおばちゃん?!食パン」。イケてるわ★

食パン切って、アニマル柄が出てきたときは、なんかえ~感じやったで。

けっこう映えたんとちゃうん!!

生活科学科3年生「フードデザイン」

 生活科学科3年生の「フードデザイン」で、「グラタン・ミモザサラダ・コーヒーゼリー」の調理実習を行いました。最近まで、食物調理技術検定1級の練習をしていたため、久しぶりの2人ペアでの実習となりましたが、協力して実習できました。
 

佐礼谷小学校との交流会

 天気にも恵まれ、絶好の交流会日和となりました。佐礼谷小学校の3,4年生5名と食品化学科2年生食品製造A班12名の交流会を鳥の木農場で行いました。

 生徒たちが作成したパネルを使って、優しく丁寧に小学生にやり方を教えました。その後、生徒と一緒に、小学生が大根の種まきやブロッコリー、キャベツの苗の定植を行いました。

  次にさつまいも掘りをしました。生徒と小学生が、自分の目の前にある芋を夢中に掘り続け、次から次へと土の中から芋が掘り出され、楽しい時間となりました。

 次回は、12月に秋冬野菜の収穫での交流会を行う予定です。

室内だけど緑豊か

ウチョウラン、ジネンジョ、コチョウラン…

生物工学科バイテク専攻では、様々な植物を用いて実習を行っています。

1年生もクリーンベンチデビューを果たし、全学年が植物組織培養に挑戦中です!

室内での実習ですが、作業中や培養室の中は緑豊か…

  

  

南海放送ラジオ取材

 

  放課後、食品化学科2年生の当番実習にて、ブルーベリージャムの分注(瓶詰め)を行いました。

 今回、南海放送ラジオの「農業DAY]に合わせ、食品化学科の加工品の紹介や農業祭に向けたジャム作りを取材することになりました。

 生徒たちは、普段通りに黙々と手際よく分注作業を行いながら、インタビューにも丁寧に答え、良いPR活動となりました。

 放送は、10月15日10時30分~ 楽しみです!にっこり

 

オリーブきのこプロジェクト

10月7日(木)総合実習(2年応用微生物班)オリーブオイル搾りかすを培地にブナシメジを植菌した栽培瓶で、多数の原基が形成されました。収穫できるのも間近です。これまでオリーブオイル搾りかすを使った培地で、ヒマラヤヒラタケ、ヒラタケ、エリンギ、ナメコ、タモギタケ、キクラゲに成功してきましたが、今回、ブナシメジを追加することができました。今後は、オガクズの通常栽培培地と比較して、オリーブ搾りかす培地、摘果柑橘果実培地の生産性を調べるため、菌糸培養期間やキノコ発生期間、生産物重量を比較し検討します。

生活科学科2年生「ホームルーム活動」

  生活科学科2年生の「ホームルーム活動」、今週の主題は「進路と悩み」でした。各自の悩みをホームルーム班や先生に打ち明け、話を聞いた生徒や先生が、シートに記入してフォーチュンクッキーに入れて焼きました。「やりたいことが見つからない。」といった相談には「好きなこと、得意なことを伸ばしていこう!」など、前向きなアドバイスをもらい、元気になりました!来週からの中間考査も頑張ります★
  

生活科学科2年生「フードデザイン」

 生活科学科2年生の「フードデザイン」で、テーブルコーディネート実習を行いました。2人ペアでテーマを決め、献立を考え、調理し、食具やクロス、飾りを選んでコーディネートしました。とても楽しかったです★★★
   

生活科学科1年生「家庭総合」

 生活科学科1年生の「家庭総合」で、食物調理技術検定3級(40分で2品<鶏肉と野菜の煮物・果汁かん>)の練習をしています。どうしたら手際よくできるかを常に考えながら、合格目指して頑張ります☆
      

ドローンによるリモートセンシング

環境開発科が無肥料・無農薬栽培を実践している白水農場で、ドローンによるリモートセンシングを実施しました。地元測量会社のウインズさんに御協力いただき、一般的なカメラに加えて、近赤外線領域等の特殊な波長を観測できるカメラを搭載したドローンで、水田を撮影しました。画像の解析結果を基に収穫量の予測ができないか研究中です。
 
 

 

無肥料無農薬栽培のモチミノリを収穫!

10月1日 環境開発科が無肥料・無農薬栽培のモチミノリ(もち米の品種)を収穫しました。農業機械のプロ、松浦先生の指導のもと慎重にコンバインを操作して刈り取りました。収穫後、稲に隠れていたカエル(害虫の天敵)が大量に姿を現し、さらにそれを狙ったサギが飛来。生態系の一端を垣間見ました。
  

秘密の稲刈り

道後平野も稲刈りのシーズンとなり、あちこちでコンバインや籾を積んだトラックを見かけるようになりました。一丁地水田でも稲刈りの準備が始まりました。というより水田の縁の部分、刈りました。

この水田の端っこの列は、実験的に栽培しているイネなのです。メインの稲刈りは来週の予定です。

農業クラブっていいな~

 先日、生活科学科と食品化学科が農業クラブ四国大会(プロジェクト発表)のDVD審査に出場しました。「本来なら、高知県で発表であったのに、感染対策の面からDVD審査となり、少しでも高知を感じてほしい。」と四国事務局(高知農業高等学校)の先生方から、「手作り高知家ストラップ」を送っていただきました。本当にうれしかったです♪「農業クラブっていいな~楽しいな~たくさんの絆でいっぱいだな~」と感じました★ありがとうございました!
      

ジロジロ見られて緊張します

現在、教育実習中の先生(本校卒業生)がホームルーム研究授業を行いました。普通に授業を行っても心臓が早く動きますが、多くの先生方の前で行うのはもっと大変でしょうね~。

教室の後ろや窓の外にも見学者が・・・・