R2伊予農日記

進路探求 職場見学(食品化学科)

9月30日(水)進路探求(総合的な探究の時間)で職場見学を行いました。

食品化学科では、㈱谷本蒲鉾店でじゃこ天、ちくわ作り、道の駅なかやまのそば道場でソバうち体験を行いました。蒲鉾の歴史やHACCP(食品衛生管理)、ソバができるまでの工程を学びました。

GLOBALG.A.P.(グローバルギャップ)審査会

9月29日(火)GLOBALG.A.P.公開審査会(書類審査・現地審査)が行われました。

GLOBALG.A.P.とは、農産物の国際基準で良い農業のやり方ともいわれています。環境開発科では、3年前から白水農場で栽培した米で認証を取得し、東京オリンッピク・パラリンピックの食材として提供する予定です。

開会行事と書類審査

オリーブキノコプロジェクト

9月25日(金) 一度「なめこ」を収穫した後のオリーブオイル搾りかす培地を栽培瓶から掻き出して、赤玉土を被せ、十分な水を与え、冷蔵庫の野菜室に作った発生室で保存しました。すると、約1か月後、大きな傘を持った「なめこ」が沢山育ちました。栽培瓶で育てると、2回目の収穫時には、1回目より大きさ・量共に見劣りするできですが、今回の方法では、1回目以上の成果をあげることができました。通常使用する培地材料のオガクズが手に入りにくく、値段が高騰している現状があり、代替培地としてのオリーブオイル搾りかす培地の有効性が確かめられました。写真は瓶1本分の培地で育てました。


合鴨

生物工学科が合鴨米栽培に取り組み、収穫の時期になりました。

合鴨米の稲刈りは、10月5日(月)の予定ですが、米栽培に頑張ってくれた合鴨は、下三谷農場の畜舎で媛っこ地鶏と一緒に飼育されています。

「合鴨さん、御苦労様でした」

一丁地農場での合鴨米栽培

下三谷農場での合鴨(上)と媛っこ地鶏(下)