H30 伊予農日記

白水農場管理作業

6月1日(金) 環境開発科3年生水稲栽培班の課題研究の様子を紹介します。①目前に迫った田植えを前に、田植え機の整備を行いました。安全管理を徹底しています。②天日に干した緑肥を集めています。自然循環型農業を推進しています。③農場内の危険個所をチェックしています。頭上注意です。④オリジナルのイラストでごみの分別を喚起しています。

環境開発科3年みどり保育所との交流

6月1日(金) 環境開発科3年生5名が、伊予市立みどり保育所の園児と夏野菜の植え付け交流を行いました。みどり保育所との交流は今年度中に5回予定されていますが、今日がその1回目。みどり保育所前にある畑を使って、夏野菜(ミニトマト、ピーマン等)の植え付けを一緒にしました。最初は園児よりも高校生の方が緊張していましたが、だんだんと慣れて、仲良く定植ができました。次の交流会は来週、白水農場にてどろんこ遊び 、その次は白水農場で田植えを予定しています。

県総体開会式

6月1日(金) 愛媛県高等学校総合体育大会の総合開会式が行われました。明日から125名が参加して各競技が行われます。精一杯力を尽くしますので応援よろしくお願いします。

緑肥量の調査とクローバーの種採取

5月31日(木) 環境開発科2年生(環境類型)の生徒が緑肥量の調査とクローバーの種採取を行いました。緑肥の量は1m²の木枠を使い、枠内にある植物体をすべて取り除き、洗浄・乾燥することで乾燥重量を計ります。収穫したクローバーの種は保存、稲の収穫後、播種し、来年度の緑肥となり、循環していきます。

ダイズ・ラッカセイ・サツマイモを定植しました

5月31日(木) 食品化学科1年生の「農業と環境」でダイズ・ラッカセイ・サツマイモの苗を定植しました。ダイズは株間を30㎝区と60㎝区を設定し収穫量の違いを観察する予定です。もちろん食品化学科らしく上手に栽培できたらダイズは豆腐に、ラッカセイはピーナッツバターに、サツマイモは芋ケンピに加工する予定です。