H30 伊予農日記

環境開発科1年「農業と環境」

5月14日(月) 環境開発科1年生の「農業と環境」の時間に、「あきたこまち」「モチミノリ」を育苗箱に種まきしました。本日まいた種もみは10日に温湯消毒をして浸種していたものです。育苗箱に種もみがかたよらないようにまくこと、覆土(ふくど)した土を平らにすることなどに注意して慎重に行いました。その後、たっぷりと灌水(かんすい)をし、温室の中にセットした育苗器に運んで保温シートをかぶせ芽出しをします。予定では18日に育苗箱を取り出し、土落としをします。

第33回西条市長杯争奪卓球大会(男子の部)

5月12日(日)  西条市総合体育館にて第33回西条市長杯争奪卓球大会が開催されました。男子部からは4人ほど参加して団体戦と個人戦を行いました。結果は1回戦負けでしたが良い経験が出来ました。遠くまで来ていただいた保護者の皆様には感謝申し上げます。

野球部 練習試合(対北条高校)

 

 

<5月12日(土) 北条高校と2試合の交歓試合を行いました。

第1試合>伊予農は1回、2回とチャンスをつくるも、あと1本が出ず、無得点。しかし、3回、ツーアウトから岡田が安打で出塁し、続く篠崎、堀内の連続安打で先制。先発の武智は、走者を出しながらも、低めを意識した投球をし、7回まで北条打線を0点に抑える。しかし8回、味方のエラーが絡み1点を許す。そのまま試合が終わり、1-1の引き分けに終わる。

伊予農 001 000 000 |1
北条  000 000 010 |1
伊農】武智ー篠崎 北条】
<第2試合>初回、先発岡田が連続ヒットを打たれ、2点を失う。さらに4回、味方のエラー、フォアボールも絡み、5点を失う。投手は辻川、堀内、1年生の門田とつなぐも、さらに3点を追加される。打線も北条のピッチャーを相手になかなかチャンスをつくれず、9回を終わって2得点。この試合は四死球、失策が目立つ試合となった。

○北条  200 510 002 |10 
●伊予農 000 100 100 |2

北条】 伊農】岡田、辻川、堀内、門田ー篠崎

第174回塩屋海岸清掃ボランティア

5月12日(土) 環境開発科の有志生徒、卒業生、地域住民の方々、計23人で塩屋海岸の清掃活動を行いました。可燃ごみ12袋(20.9kg)、プラスチック52袋(84.2kg)、カン・ビン5袋(8.3kg)、発泡スチロール1袋(0.6kg)の計70袋(114.0kg)のごみを回収しました。夏にかけて、花火やバーベキューのごみが増えてきます。環境美化にご協力下さい。
    

園芸流通科3年ナシのジベレリン処理

5月11日(金) 3年生「総合実習」の時間に、果樹専攻生によりナシのジベレリン処理を行いました。品種は『幸水』で、ペースト状のジベレリンを果梗部に塗布しました。効果は、果実の肥大促進及び熟期促進です。ナシの樹は大きく成長しており、『幸水』をはじめ『豊水』『新高』『新興』『なつしずく』の高品質生産に努めます。