H30 伊予農日記

ラッカセイの砂糖衣がけ

2月19日(火) 食品化学科1年生の「農業と環境」で、今日は「ラッカセイの砂糖衣がけ」を製造しました。ラッカセイは自分達で栽培し、殻むきや焙煎をしました。ポイントはラッカセイに少量の水を霧吹きでかけてやること、芋ケンピの製造と同様に砂糖水をしっかり沸騰させてからラッカセイを投入することです。砂糖をからめただけですが、雪のような砂糖の結晶がラッカセイを包み、美味しくて止められない菓子ができました。

環境開発科1、2学年 GLOBALG.A.P.学習会

2月18日(月) 平成30年度地域産業スペシャリスト育成事業の一環として、青森県立五所川原農林高等学校の越谷晋樹先生を講師として、講演会を開催しました。本校生徒は、環境開発科2年生(環境類型)と・1年生が参加しました。講演では、「全国高校初のGLOBALG.A.P.認証取得」をされた五所川原農林高校の審査への取組から、学校全体での学習方法、海外での販売研修など、様々な取組について紹介いただきました。質疑応答では、本校生徒から予定時間を超過するほどとなり、熱心に聞き入りました。はるばる青森からご足労いただいた越谷先生、誠にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

「第184回えひめ掃除に学ぶ会」が本校で開催

2月17日(日) 本校を会場に「第184回えひめ掃除に学ぶ会」が開催され、生徒と教職員が参加しました。外トイレと本館1・2階のトイレをピカピカに磨き上げました。最初は戸惑っていた生徒も終わりには心地よい成就感を味わい、最後に、堂々とそれぞれの体験を発表をすることができました。皆さん貴重な体験をありがとうございました。

 

園芸流通科1年:初めての専攻別実習

2月14日(木) 園芸流通科1年「総合実習」は、果樹・草花・野菜の3部門に分かれた初めての実習でした。果樹部門では、カラマンダリンの定植予定地の植穴準備を行いました。これから2年間、おいしい果物生産に励みます。

生活科学科1年生「家庭総合」

2月14日(木) 生活科学科1年生の「家庭総合」で、「チャーハン・リャンバンハイチョ・ニュウナイトウフウ」を作りました。2学期は検定練習に追われていたので、久しぶりの献立実習でした。とてもおいしかったです。