H30 伊予農日記

四国大会壮行会

6月14日(木) 全校朝礼にて四国高等学校総合体育大会の壮行会が行われました。本年度は、ライフル射撃部、男子7名、女子9名、柔道部女子1名、陸上競技部1名、卓球部女子7名が参加します。校長先生や生徒会長の激励の後、応援団による全校応援が行われました。会の終わりに選手を代表して、卓球部女子主将の田中さんより「第1体育館が取り壊され、練習場所を失い、校外での練習を毎日してきました。練習場所まで送迎してくださった先生や協力してくれる保護者へ感謝したいです」とお礼のことばを述べました。大会は、6月16日~17日にライフル射撃は高知県春野町、柔道部は松山市県武道館、陸上競技部は香川県丸亀市、卓球は徳島県徳島市で行われます。

ムクナ畑の管理

6月14日(木) 食品化学科3年生、食品製造A班が取り組んでいる「ムクナ豆の栽培と有効利用の研究」で今日は栽培試験区の除草作業を行ないました。アブラムシ対策として混植した「ヘアリーベッチ」も大きく育ち、場所によってはムクナ豆が見えないような所もありました。東京農工大学大学院教授の藤井先生に相談すると「ベッチは鋤(すき)込まず、枯れるまでそのままで良いです」との指導を受けました。今後土壌分析も行いたいと考えています。

食化の「農業と環境」

6月14日(木) 食品化学科1年生の農業科目「農業と環境」で、今日は第2回目のダイズ生育調査を実施しました。順調な生育状況でしたが、ところどころに雑草の発生も見られたため除草作業も行いました。「株間の違いによる収量調査」というテーマで取り組んでいますが、現在までの所大きな違いは認められませんでした。

遠足(3年生)

6月13日(水) 3年生は、午前中新居浜市の「マイントピア別子」で施設内を見学後、「アサヒビール園」を訪れ、牛肉ジンギスカンの昼食を食べました。最後に施設の見学し、学校に戻りました。それぞれの場所で充実した1日を過ごすことができました!